シニア世代も活躍する在宅ワーク:クラウドソーシングで稼げるの?

シニア世代も活躍する在宅ワーク:クラウドソーシングで稼げるの?

前回の記事では「クラウドソーシングを利用する際の年齢制限」を取り上げ、利用するのに「年齢制限」はないことをお伝えしました。

今回は、前回の内容と関連性もある「シニア世代も活躍する在宅ワーク:クラウドソーシングで稼げるの?」がメインテーマになります。

シニア世代の新しい働き方として注目されている、在宅ワークのクラウドソーシングについて詳しくお伝えします。

クラウドソーシングとは?

シニア世代の新しい働き方として注目されているクラウドソーシングとは、どんな働き方なのでしょうか?

本題の稼げるのか?に入る前に、クラウドソーシングの仕組みについて知っておきましょう。

クラウドソーシングは仕事をしたいと受けたいのマッチングシステム

仕事を依頼したい企業や個人と、依頼される仕事ができる経験やスキルを持った個人を結びつけるのが、クラウドソーシングです。

クラウドソーシングには、クラウドワークスやランサーズといった大手で有名な事業者や、ココナラ、Sinobi(シノビ)ライティング、shufti(シュフティ)と言った個性的な事業者があります。

クラウドワークスやランサーズなどは「クラウドソーシングサイト」と言われ、サイトに登録することで、サイト内に掲載されている多種多様な仕事に応募(仕事をしますと手を挙げること)できます。

クラウドソーシングはシニア世代の方の利用も多く、下記「ネット受注をするフリーランスに関する調査」では、60歳以上のシニア世代も49.0%と調査対象の2人に1人はクラウドソーシングを利用している状況にあります。

ネット受注をするフリーランス

出典:ネット受注をするフリーランスに関する調査(日本労働組合総連合会)

ハローワークなどで求人を探すよりも、自宅に居ながら自身の経験やスキルを活かせるクラウドソーシングを利用する方が多いのかもしれません。

なお、私も最初に登録したのが、このクラウドワークスとランサーズです。業務案件が非常に多く、仕事を選ぶのに苦労しなくてもよいので、最初は、この2つがオススメです。

クラウドソーシングで募集されている案件・仕事

クラウドソーシングで募集されている仕事は、文章作成やデータ入力、画像の作成、イラスト作成、アンケート回答、ホームページ作成、プログラム作成など、多種多様です。

これら以外にも、いろいろな仕事が掲載され募集されていますので、「自分にできる仕事がない」ということはありません。

自身のスキルや経験、得意などに合わせて案件を選ぶことができます。また、特に「得意分野はない」という場合でも、応募できる案件は存在しています。

クラウドソーシングではシニア世代も多く活躍

クラウドソーシングには、年齢制限はありません。

年齢不問で仕事ができるのが魅力の一つでもあります。

スキルや経験などがなくても稼ぐことはできます。

下記の参考URLでは、クラウドソーシングサイトの一つ「クラウドワークス」で稼がれているシニア世代の方々が紹介されています。一読されると良いでしょう。

参考URL:シニア に依頼・発注する(クラウドワークス)

ご覧のように、多くのシニア世代の方が在宅ワーカーとして活躍されています。

クラウドソーシングで稼げるの?

在宅ワークのクラウドソーシングで稼ぐことは可能?稼げるのなら、どれくらいの収入になるの?ここは一番興味のある部分かもしれません。

どれくらい稼げるかは、どんな仕事をしたかで異なります。

Webライティングであれば、最初は簡単な記事作成から始めますから、1文字/0.2~0.3円くらいの単価です。記事作成などの実績が積み上がってくれば、それに伴って単価はアップしますし、自ら依頼側と単価交渉をすることも可能になります。

つまり、クラウドソーシングを始めたばかりの頃は、正直、数千円くらいの収入しかなりません。

しかし、クラウドソーシングで仕事をし実績がついてくれば、数万円~数十万円程度、誰でも稼げるようにはなります。実際、私も最初の頃は数千円しか稼げていませんでした。

以下の記事では、私の現在の収入なども載せています。その他、クラウドソーシングを始める際に必要となるものも挙げていますので参考にしてください。

クラウドソーシングは低リスクで仕事ができる

クラウドソーシングで仕事を始めるのに資金は必要ありません。

クラウドソーシングに登録するのも無料ですし、掲載されている仕事に応募するのも無料です。したがって、ローリスクで仕事を始めることが可能なのです。

ただし、仕事をした報酬から手数料が数%引かれます。

手数料は、クラウドソーシング事業者によって異なりますが、一般的には報酬の数%程度となっている場合が多いです。

クラウドソーシングで稼ぐためにはプロフィールの充実が重要

クラウドソーシングでは、ネット上で「仕事を依頼し仕事を引き受ける」という手順で行われます。

つまり、顔の見えないどうしで仕事するわけです。

ここまで書けばお分かりになると思いますが、仕事を依頼する側からすれば「プロフィール」に十分な情報が書かれていない、素性が不明な人に仕事を依頼するのは不安です。

しかし、プロフィールに今までの仕事や、経験、スキル、得意なことなどの情報が詳しく書かれてあれば、その情報を基に「仕事依頼しても良いか」を判断できます。

そのため、クラウドソーシングで仕事をするためには「プロフィール」の充実が重要になるのです。

プロフィールの書き方については、以下を参考にしてください。

まとめ

クラウドソーシングを利用して仕事を始めるのに「年齢制限」はありませんので、シニア世代でも十分に活躍できます。

クラウドソーシングを始めて間もない頃は、正直、あまり稼ぐことはできないかも知れませんが、いくつか「仕事を受注し納品する」を繰り返して実績がついてくれば、次第に受注できる仕事も増えていき、それに伴って収入もアップしていきます。

定年退職した後の仕事を考えている方、家庭の事情で自宅での仕事を探している方、60代・70代のシニア世代でも在宅ワークが可能か考えている方には「クラウドソーシング」という働き方はオススメなのです。

Scroll Up