Webライティングを始めるのに勉強は不要です

Webライティングを始めるのに勉強は不要です

今回のテーマは、「Webライティングを始める際に勉強は必要?」です。案外気になっている方も多いのではないでしょうか?私の場合もそうでした。

結論から言えば「Webライティングを始めるために勉強は不要」です。

これは極論ですが、未経験でもすぐに仕事を始めた方が良いと思っています。

専門性も必要ない、資格も必要ない、誰でもやる気さえあればできるのがWebライティングなのです。

Webライティングに勉強は不要

極端なことを言うようですが、Webライティングを始めるにあたって勉強は不要です。

「文章を書くのは不得意だ」とか「人に読んでもらえるようなちゃんとした文章なんて書いたことがない」、「どういうふうに書いたら良いか分からない」といった不安はありますが、いくら書籍などで勉強しても、この不安が完全に消えることはありません。

文章の書き方やライティングに関する知識が付いても、不安の方が大きければ「はじめの一歩」は踏み出せません。

それよりは、未経験の初心者であっても今すぐに仕事を始めることが大事です。

実践を通してWebライティングのスキルをアップする

いくら時間をかけて勉強しても、実践が伴わなければWebライティングに対する自信はつきません。

ほとんどのライターは実践を通して、Webライティングのスキルをアップしていきます。マニュアルも渡されますので、文章の書き方で困ることはほとんどありません。まずは「初心者向け」や「未経験歓迎」などの表記のある案件に応募し実力をつけていきましょう。

はじめは心臓バクバクですが、実践の中で学びスキルアップしていくの最善なのです。

そこで、自信を付けるためにも「実際の仕事を受注」してみることです。

仕事の受注は、「クラウドワークス」や「ランサーズ」というクラウドソーシングサービスに登録し案件に応募することから始まります。

仕事が受注できたら実際にライティングしていくのですが、基本的にマニュアルに沿って書いていくことになるので、慣れない間は少し時間がかかるかもしれません。

ただ、マニュアルに従って書いていくので、不安に思うことも少ないですし、思っていたよりも楽に作業を進められるハズです。

記事作成を依頼するクライアントも、未経験の初心者であることは承知していますので、こちらも気負わず安心してライティングして良いと思います。

仕事を受けて、「その仕事をしながら実力を付けて行く」という姿勢で勉強しましょう。

Webライティングには慣れが必要

どんな仕事でも初めてのときは「何をしていいのか?」と右往左往するもの。

それはWebライティングでも同じです。

仕事を受けて机に向かったものの「最初の1行が書き出せない」とか「最初の文章で手が止まった」など、多くの未経験者が通る道です。

Webライティングを始めたばかりのときは仕方のないことです。

ですが、こんなことは長くは続きません。何故なら、慣れるから。

1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月と続けていけば、自然と自分のペースが掴めてきますし、自然と手も動いていきます。

「継続は力なり」なので、慣れるまで書きまくってください。

Webライティングの勉強法

Webライティングを始めるにあたって「勉強は不要」と書いてきました。

しかし、そうは言っても「多少の事前知識を付けたい」という方もいるでしょう。

そこで、Webライティングの勉強法を幾つか紹介しておきます。

Webライティングの本を読む

Webライティングの勉強は書籍での勉強がオススメです。

Webライティングの基礎的なことが知りたい場合や、そもそもWebライティングでは文章をどう書けばいいの?という疑問がある場合は、「Webライティングの入門書」などで勉強すると良いでしょう。

また、WebライティングではSEO(検索エンジン最適化)に関する知識も必要になりますので、SEOに関する書籍もオススメです。

他人の書いた文書で勉強

他の人が書いた文章を読んでみるのも勉強になります。

ニュースサイトの記事などは、「簡潔に分かりやすく伝える」ことを意識して書かれていますので、「分かりやすい文章はどう書くか」「どんな規則性があるか」などを理解するには、よいお手本です。

その他にも、物販サイトの商品紹介なども、売るためのライティングで書かれていますので、こちらも参考になります。いつも何気なく読み流している記事も、こちらの意識が変われば「よいお手本」になりますので、暇を見つけて読んでみてください。

クラウドソーシングカテゴリの最新記事