合計する場合はSUM関数:Excel関数

合計する場合はSUM関数:Excel関数

数値の合計を計算した場合はExcel関数のSUM関数を使います。

SUM関数はExcel関数の代表格のような関数なので、実務の中でよく使われているのでは?

なお、集計表の途中に「小計」がある場合や、オートフィルタ機能でデータを抽出し、その抽出データの集計値を求めたい場合は「SUBTOTAL関数」を使いましょう。

数値を合計するならSUM関数を使う

対応バージョン:Excel365 2019 2016 2013 2010

合計する際に条件を指定する場合は「=SUMIF関数」を使用します。条件を指定しないで合計するなら「=SUM関数」です。

SUM関数の書式は以下のようになります。

=SUM(合計する範囲)
※括弧内に指定する「合計する範囲」などを”引数”といいます。

上記の書式中の”合計する範囲”は、A1+A2+A3のように書くこともできますし、A1:A3と書くこともできます。連続する範囲を指定するのなら、A1:A3と記述するのが一般的。

A1~A3のセルのいずれかに数字以外の文字列(空白のセルも含む)がある場合、A1:A3と記述すれば数字以外は無視され正常に計算されますが、個別にA1+A2+A3と書いた場合はエラー表示(#VALUE!)がでます。

SUM関数の使い方

合計を算出したいセルをアクティブ(マウスでクリックする)にし”=SUM()”と入力。カッコ内には合計する範囲を指定します。

合計する範囲を指定する場合は、合計したいセルの範囲をマウスでドラッグ。合計範囲の開始セルと終了セルが”D3:D7″というようにカッコ内に入力されます。範囲が入力されたらEnterキーで完了です。

合計する範囲の”D3:D7″をドラッグ。

合計する範囲をドラッグ

計算結果が指定したセルに挿入される。

計算結果が挿入される

不連続のセルを合計したい場合は、Ctrlキーを押しながら(押し続けながら)対象のセルを順番にクリック。そうすることで、不連続な範囲であっても”D3,D5,D7″のように入力でき、最後にEnterキーを押すことで合計が表示されます。

注意点:不連続なセルを選択する場合は”,(カンマ)”で区切る。これを個別指定方式と言います。連続するセルを指定する場合は”:(コロン)”で区切る。これを範囲指定方式と言います。

オートSUMで数式を入力する

合計を算出し表示するセルをクリックし数式タブの”オートSUM”をクリック。

マウスで合計の対象範囲をドラッグし、最後にEnterキーを押すことで合計が算出されます。

オートSUMで数式を入力

関数の挿入ボタンで数式を入力する

合計を表示したいセルをクリックし、数式バーの”関数の挿入”ボタンをクリック。

関数の挿入ボタンで数式を入力

関数名のダイアログから”SUM”を選択。

関数名をダイアログから選択

数値1に合計する範囲をドラッグしながら指定する。最後に”OK”ボタンまたは”Enter”キーを押せば合計が目的のセルに挿入されます。

関数の挿入ボタンで合計が挿入される

SUM関数と同じ分類の関数

SUM関数と同じ「合計/平均」を求める関数は以下のページで探せます。

Excel関数カテゴリの最新記事