PERCENTRANK.INC関数の使い方:配列から百分率で順位を返す

PERCENTRANK.INC関数の使い方:配列から百分率で順位を返す

PERCENTRANK.INC関数の使い方を説明します。

PERCENTRANK.INC関数は、セル範囲や配列中の値の順位を百分率で返す関数です。このとき、0%と100%も含めて結果を返します。

同様の機能を提供する関数として「PERCENTRANK関数」がありますが、こちらはExcel2007以前のバージョンとの互換性を考慮してありますので、以前のバージョンのExcelで使用する可能性がある場合は「PERCENTRANK関数」を使用してください。

使い方は下記で説明します「PERCENTRANK.INC関数」と同じです。

PERCENTRANK.INC関数の基本的な使い方

対応バージョン:Excel365 2019 2016 2013 2010

PERCENTRANK.INC関数の書式です。

=PERCENTRANK.INC(配列,値,[有効桁数])
※カッコ内の「配列,値,[有効桁数]」を引数といいます。
※引数〔[有効桁数]〕は省略できます。

引数の説明

  • 配列:順位を求めるデータのセル範囲や配列を指定。
  • 値:順位を求める値を指定。
  • [有効桁数]:関数の戻り値を小数点以下何位まで求めるか指定。指定は数値で指定(例えば、「2」なら少数点以下2位まで求める)。省略可能。省略した場合は、小数点以下3位まで求めます。

配列にデータがない場合や、有効桁数<1 の場合はエラー値(#NUM!)が返されます。また、値が配列にない場合はデータの補間が行われます。

PERCENTRANK.INC関数の使用例

下記のサンプルは、試験の全体の成績のなか(100%のなか)で、該当の点数(B列)が何位になるかを求めています。

PERCENTRANK.INC関数の基本的な使用例

=PERCENTRANK.INC($B$2:$B$11,B2)

0は0%で1は100%になります。

結果のD列の書式をパーセントで書式設定すると以下のように表示できます。

PERCENTRANK.INC関数の基本的な使用例(パーセント) PERCENTRANK.INC関数の基本的な使用例(パーセント)

PERCENTRANK.INC関数と同じ分類の関数

PERCENTRANK.INC関数と同じ系列の関数は以下のページで探せます。

Excel関数カテゴリの最新記事