EVEN関数とODD関数の使い方:一番近い偶数や奇数に切り上げる

EVEN関数とODD関数の使い方:一番近い偶数や奇数に切り上げる

EVEN関数とODD関数は、引数に指定した数値を、その数値に最も近い偶数値や奇数値に切り上げる関数です。

引数〔数値〕に数値以外を指定するとエラー値(#VALUE!)が返されます。また、引数〔数値〕に空白が指定されていると、EVAN関数は「0」を返し、ODD関数は「1」を返します。

EVEN関数とODD関数の基本的な使い方

対応バージョン:Excel365 2019 2016 2013 2010

EVEN関数は引数〔数値〕を偶数になるように、ODD関数は引数〔数値〕を奇数になるように、それぞれ切り上げます。

EVEN関数とODD関数の書式です。

=EVEN(数値)
=ODD(数値)
※カッコ内の「数値」を引数といいます。
※引数〔数値〕は必ず指定します。

引数の説明

  • 数値: 切り上げる数値を指定

EVEN関数とODD関数の使い方

EVEN関数とODD関数の使い方のサンプルです。

EVEN関数とODD関数の基本的な使い方

数値の符号に関係なく切り上げされます。

切り上げられた数値は、正の場合は元の数値よりも大きく、かつ最も近い値になり、負の数値の場合は元の数値よりも小さく、かつ最も近い値になります。

数値以外の文字列が指定されればエラー(#VALUE!)となります。ただし、引数〔数値〕が空白の場合は、EVAN関数が「0」を返し、ODD関数は「1」を返します。

EVEN関数・ODD関数と同じ分類の関数

EVEN関数・ODD関数と同じ系列の関数は以下のページで探せます。

Excel関数カテゴリの最新記事