MROUND関数の使い方:基準値の倍数になるよう数値を丸める

MROUND関数の使い方:基準値の倍数になるよう数値を丸める

MROUND関数は、指定した数値を基準値の倍数になるよう丸める(四捨五入)関数です。

基準値の倍数になるよう丸めるのが「MROUND関数」で、基準値の倍数になるよう切り捨てるのが「FLOOR.MATH関数」、基準値の倍数になるよう切り上げるのが「CEILING.MATH関数」です。セットで覚えるといいでしょう。

MROUND関数の基本的な使い方

対応バージョン:Excel365 2019 2016 2013 2010

MROUND関数の書式です。

=MROUND(数値,倍数)
※カッコ内の「数値,倍数」を引数といいます。

引数の説明

  • 数値: 丸める数値を指定
  • 基準値: 丸めの基準になる数値を指定

MROUND関数の使い方

MROUND関数、FLOOR.MATH関数、CEILING.MATH関数の結果の違いです。

MROUND関数の基本的な使い方

MROUND関数は、数値を倍数で割った剰余(割り算のあまり)が倍数の半分以上である場合は、「0(ゼロ)」から遠い方の値に丸められます。

引数〔数値〕と〔倍数〕は同じ符号である必要があります。両者の符号が異なる場合は、サンプルの6行目のようにエラー値「#NUM!」が返されます。

参考)関連する関数

MROUND関数と同じ分類の関数

MROUND関数と機能的に同じ分類の関数は以下のページで探せます。

Excel関数カテゴリの最新記事