SUMX2PY2関数の使い方:指定した2つの配列要素の平方和を合計する

SUMX2PY2関数の使い方:指定した2つの配列要素の平方和を合計する

SUMX2PY2関数は、指定した2つの配列要素の平方和を合計する関数です。

2つの配列の対応する要素の2乗を求めて足し算し、その求められた値の合計を返します。

SUMX2PY2関数の基本的な使い方

対応バージョン:Excel365 2019 2016 2013 2010

SUMX2PY2関数の書式です。

=SUMX2PY2(配列1, 配列2)
※カッコ内の「配列1, 配列2」を引数といいます。
※2つの配列の大きさは同じ必要があります。配列の大きさが異なるとエラー(#N/A)が返ります。

引数の説明

  • 〔配列1および2〕:数値を含むセル範囲、配列、または参照を指定。

SUMX2PY2関数の使用例

2つの配列要素の平方和の合計を求める。

SUMX2PY2関数の基本的な使用例

※画像の右側の部分(値1^2、値2^2、合計)は、関数を理解しやすいよう設けた参考ですので実際の使用では必要ありません。値1^2は左の「値1」を2乗した値、値2^2は「値2」を2乗したもの、合計は値1^2と値2^2を足し算した値です。

SUMX2PY2関数はE9セルに以下のように入力しています。

=SUMX2PY2(A2:A6,B2:B6)

数式の説明

  1. 引数〔配列〕には、数値を含むセル範囲、配列、またはセル参照を指定。計算対象の配列は、行×列がすべて同じ必要があります。

引数〔配列〕に含まれる文字列や論理値、空白は無視されます。数値の「0 (ゼロ)」は計算の対象です。

計算結果は、「値1」の2乗と「値2」の2乗を足し算した値(平方和)の合計が返されます。

つまり、「(A2^2+B2^2)+(A3^2+B3^2)+(A4^2+B4^2)+(A5^2+B5^2)+(A6^2+B6^2)」と同じ結果です。

※「^(キャレット)」は2乗の意味を表します。

配列の平方値を計算する関連関数

SUMX2PY2関数と同じ分類の関数

SUMX2PY2関数と機能的に同じ分類の関数は以下のページで探せます。

Excel関数カテゴリの最新記事