SUMSQ関数の使い方:指定した数値の平方和を求める

SUMSQ関数の使い方:指定した数値の平方和を求める

SUMSQ関数は、指定した数値の平方和を求める関数です。

平方とは、数値を2乗することで和とは足し算することなので、平方和は各数値を2乗して足し算することです。

SUMSQ関数の基本的な使い方

対応バージョン:Excel365 2019 2016 2013 2010

SUMSQ関数の書式です。

=SUMSQ(数値,数値2,…,数値255)
※カッコ内の「数値,数値2,…,数値255」を引数といいます。
※引数〔数値〕は255個まで指定可能。

引数の説明

  • 〔数値〕:平方和を求める数値を指定。数値を直接指定することもセルで指定することもできます。セル範囲(A1:A10)で指定することも、セルを個別(A1,A2,A3)に指定することもできます。

SUMSQ関数の使用例

各セルに入力されている数値から平方和を求めます。

SUMSQ関数の基本的な使用例

=SUMSQ(A2,A3,A4,A5)

数式の説明

  1. 引数〔数値〕に平方和を求める数値を指定。

上記の例では、平方和を求めるセルを個別に指定していますが、「=SUMSQ(A2:A5)」のようにセル範囲で指定することも可能です。

配列の平方値を計算する関連関数

SUMSQ関数と同じ分類の関数

SUMSQ関数と機能的に同じ分類の関数は以下のページで探せます。

Excel関数カテゴリの最新記事