HYPERLINK関数の使い方:指定したリンク先に移動するハイパーリンクを作成する

HYPERLINK関数の使い方:指定したリンク先に移動するハイパーリンクを作成する

HYPERLINK関数は、指定したリンク先に移動するハイパーリンクを作成する関数です。

指定したWeb上のリンク先に移動させるのはもちろんのこと、同じシート上の別のセルや別シートの特定のセルにジャンプさせたりすることもできます。

HYPERLINK関数の基本的な使い方

対応バージョン:Excel365 2019 2016 2013 2010

HYPERLINK関数の書式です。

=HYPERLINK(リンク先,[別名])
※カッコ内の「リンク先,[別名]」を引数といいます。

引数の説明

  • 〔リンク先〕:リンク先を指定。Web上のリンク先ならURLをhttp://(もしくは、https://)から指定する。
  • 〔[別名]〕:数式を入力したセルに表示する文字列を指定。省略可能で、省略された場合は入力したリンク先文字列が表示される。

引数〔[別名]〕は省略可能ですが、後から見たときに分かりやすいよう、何のリンク先なのかを別名に指定しておくと良いかもしれません。

HYPERLINK関数の使用例

リンク先の指定できるもののバリエーションです。

引数[リンク先]には、Web上のURLや、PC上のフォルダー、ファイルなどが指定できます。また、Excelのファイルのほか、Wordで作成されたファイルなども指定することができます。

HYPERLINK関数の基本的な使用例

Web上のサイトへのリンクを指定

最初の例は、Web上のサイトへのリンクを指定しています。リンク先に表示されている文字列をクリックすれば、指定したWebサイトが表示されます。

=HYPERLINK(“https://www.yahoo.co.jp/”,”ヤフー”)

同一シートのセルをリンク先に指定

2番目の例は、数式を入力したシートのD1セルへジャンプさせる数式ですが、これでは以下の画像のようにエラー(指定されたファイルを開くことができません)になりD1セルには移動しません。

=HYPERLINK(“Sheet1!D1″,”D1”)

数式の間違いでエラーになる

この理由は、ブック名で修飾していないからです。

正しい書き方は以下の3番目の例になります。

3番目の例は、上記の2番目を正しい書き方に改めたものです。

=HYPERLINK(“[book1.xlsx]Sheet1!D1″,”Sheet1のD1”)

同一シート上の別セルへジャンプする場合であっても、「[ブック名]シート名!セル」という書式で書かなければ、要求した通りの動作にはなりません。

別シートのセルをリンク先に指定

4番目の例は、同じブック内の別シートのセルをリンク先に指定しています。

=HYPERLINK(“[book1.xlsx]Sheet2!D1″,”Sheet2のD1”)

フォルダ内の別ファイルをリンク先に指定

5番目の例は、任意のフォルダに保存しているファイルを読み込み、指定したセルをアクティブにします。

=HYPERLINK(“[C:\JobFile\JobFiles\book2.xlsx]Sheet1!A10″,”別のブック”)

HYPERLINK関数と同じ分類の関数

HYPERLINK関数と同じ系列の関数は以下のページで探せます。

Excel関数カテゴリの最新記事