SORT関数の使い方:指定する範囲のデータを並び替える

SORT関数の使い方:指定する範囲のデータを並び替える

SORT関数は、指定した範囲のデータを並び替える関数です。

指定した範囲のデータを昇順や降順に並び替え、結果を配列として取り出します。

なお、SORT関数はOffice365から使える関数です。

複数の並び替え基準を指定して並び替える場合は「SORTBY関数」を使います。

SORT関数の基本的な使い方

対応バージョン:Excel365 2019 2016 2013 2010

SORT関数の書式です。

=SORT(配列,[並び替えインデックス],[並び替え順序],[並び替え基準])
※カッコ内の「配列,[並び替えインデックス],[並び替え順序],[並び替え基準]」を引数といいます。

引数の説明

  • 〔配列〕:並び替え対象の配列やセル範囲を指定。
  • 〔[並び替えインデックス]〕:どの行、または、どの列を基準にして並び替えるかを指定。指定する場合は先頭を「1」として指定する。省略可能で、指定しない場合は先頭行/先頭列が指定されたと見なす。
  • 〔[並び替え順序]〕:並べ替えの順序を指定。「1」が昇順、「-1」が降順。省略可能で、省略された場合は「1(昇順)」が指定されたと見なす。
  • 〔[並び替え基準]〕:並べ替えの範囲が縦方向(行単位)にデータが並んだ範囲なのか、もしくは横方向(列単位)にデータが並んだ範囲なのかを指定。「TRUE」が縦方向(行単位のデータ)、「FALSE」が横方向(列単位のデータ)。省略すると「TRUE」を指定したと見なす。

SORT関数の使用例

範囲A2~D9セルのデータを並び替えてF2~I9に結果を取り出します。

SORT関数の基本的な使用例

=SORT(A2:D9)

SORT関数の第2引数以降はすべて省略していますので以下の基準で並び替えます。

  1. 第2引数〔並び替えインデックス〕は、先頭行/先頭列が指定されたと見なす。
  2. 第3引数〔並び替え順序〕は、「1(昇順)」が指定されたと見なす。
  3. 第4引数〔並び替え基準〕は、「TRUE」を指定したと見なす(行単位で並び替える)。

なお、数式は「F2セル」にしか入力していませんが、SORT関数は配列数式(スピル)として動作しますので、戻り値が複数行ある場合、結果も複数の行わたって表示されます。

並び替えキーを先頭以外にして降順に並び替え

並び替えに使うキーを先頭以外にして、さらに降順に並び替えます。

並び替えのキーに使うのは4列目の産地カナ(半角カナ)です。

降順に並び替え

=SORT(A2:D9,4,-1)

  1. 第2引数〔並び替えインデックス〕は、4番目の列の「産地カナ」を指定。
  2. 第3引数〔並び替え順序〕は、「-1(降順)」を指定。
  3. 第4引数〔並び替え基準〕は省略していますので、「TRUE」を指定したと見なす(行単位で並び替える)。

SORT関数と同じ分類の関数

SORT関数と同じ系列の関数は以下のページで探せます。

Excel関数カテゴリの最新記事