HLOOKUP関数の使い方:指定した範囲を横方向に検索する関数:Excel関数

HLOOKUP関数の使い方:指定した範囲を横方向に検索する関数:Excel関数

HLOOKUP関数は、指定した範囲を右横方向に検索して値を返す関数です。

なお、指定した範囲を縦方向に検索する場合は、「VLOOKUP関数」を使います。

Office365の環境の方は、より機能がアップした「XLOOKUP関数」も使ってください。

HLOOKUP関数の基本的な使い方

対応バージョン:Excel365 2019 2016 2013 2010

HLOOKUP関数の書式です。

=HLOOKUP(検索値,範囲,行番号,[検索方法])
※カッコ内の「検索値,範囲,行番号,[検索方法]」を引数といいます。

引数の説明

  • 〔検索値〕:検索する値を指定。大文字と小文字は区別しません。全角文字と半角文字は区別します。
  • 〔範囲〕:検索するセル範囲を指定。
  • 〔行番号〕:検索で一致した場合に値を取り出す行を指定。範囲の先頭行を「1」として数えた行。
  • 〔[検索方法]〕:TRUEは〔検索値〕と近似一致する値を検索。FALSEは〔検索値〕に完全一致する値のみを検索。省略可で、省略した場合は「TRUE」が指定されたと見なします。

検索方法を「TRUE」もしくは「省略」した場合、近似一致の値を検索しますので、一致する値がないときは〔検索値〕を超えない値の最大値を検索します。

また、「TRUE」もしくは「省略」した場合は、範囲の先頭行の値を昇順(小さい順)に並び替えておく必要があります。そのため、通常は「FALSE」を指定して検索します。

HLOOKUP関数の使用例

下記のサンプルは、HLOOKUP関数の基本的な使用例です。

B5セル~F9セルまでの在庫表から、商品コードで検索し「在庫数量」と「在庫金額」を求めています。

  • B5セル~F9セルまでが在庫表:引数〔範囲〕
  • B1が引数〔検索値〕
  • 戻り値として要求する在庫数量は範囲の2行目
  • 戻り値として要求する在庫金額は範囲の3行目
HLOOKUP関数の基本的な使用例

在庫数量を求める
=HLOOKUP($B$1,$B$5:$F$9,2,FALSE)

引数〔検索値〕にはB1セルを指定し、B5セル~F9セルまでの〔範囲(検索範囲)〕を検索。

在庫数量を求めたいので、引数〔行番号〕には「2」を指定(範囲の先頭行から数えた行番号)。〔検索方法〕は完全に一致した場合の値が欲しいので「FALSE(完全一致)」を指定。

これで、指定した商品コードと一致する在庫数量が検索できます。

在庫金額を検索する場合は、引数〔行番号〕を「3」に変更するだけで求めることができます。

在庫金額を求める
=HLOOKUP($B$1,$B$5:$F$9,3,FALSE)

HLOOKUP関数と同じ分類の関数

HLOOKUP関数と同じ系列の関数は以下のページで探せます。

Excel関数カテゴリの最新記事