COLUMNS関数の使い方:列数を求める関数:Excel関数

COLUMNS関数の使い方:列数を求める関数:Excel関数

COLUMNS関数は、指定したセルやセル範囲、配列の列数を求める関数です。

指定したセル範囲や配列の行数を求める場合は「ROWS関数」を使います。

COLUMNS関数の基本的な使い方

対応バージョン:Excel365 2019 2016 2013 2010

COLUMNS関数の書式です。

=COLUMNS(配列)
※カッコ内の「配列」を引数といいます。

引数の説明

  • 〔配列〕:列数を求めるセルやセル範囲、配列を指定。省略不可

戻り値は、指定したセルやセル範囲、配列の列数が返されます。なお、セルを結合して使用する場合もありますが、COLUMNS関数はセルが結合されていても結合されていない場合と同様の正しい結果が得られます。

COLUMNS関数の使用例

下記のサンプルは、COLUMNS関数の基本的な使用例です。

B列には、どんな「COLUMNS関数」を入力したかをテキスト化して表示してあります。

COLUMNS関数の基本的な使用例

上記の2行目は、引数〔配列〕に「A1セル」を指定したので、戻り値は「1」が返ります。

3行目は「A3:A3」とセル範囲を指定したので「1」が返ります。

4行目は引数に3列×3行の配列「=COLUMNS({1,2,3;4,5,6;7,8,9})」を指定していますので、戻り値は3列の「3」が返ります。

COLUMNS関数の応用例

下記のサンプルは、簡単な経費管理のシートです。

この表では、B1セルに科目数を求めています。

COLUMNS関数で科目数を求める

=COLUMNS(B5:F8)

科目は、B4~F4セルまでの5科目なので、B1セルには「5」が表示されます。

COLUMNS関数と同じ分類の関数

COLUMNS関数と同じ系列の関数は以下のページで探せます。

Excel関数カテゴリの最新記事