COLUMN関数の使い方:指定したセルの列番号を求める関数:Excel関数

COLUMN関数の使い方:指定したセルの列番号を求める関数:Excel関数

COLUMN関数は、指定したセルの列番号を求める関数です。

セルの位置を表すには、行と列のそれぞれの番号が必要になりますが、今回、取り上げるのは「セルの列番号」を求める関数です。セルの行番号を求める場合は、「ROW関数」を使ってください。

COLUMN関数の基本的な使い方

対応バージョン:Excel365 2019 2016 2013 2010

COLUMN関数の書式です。

=COLUMN([参照])
※カッコ内の「[参照]」を引数といいます。

引数の説明

  • 〔参照〕:列番号を求めるセルやセル範囲を指定。省略可。省略した場合は、関数を入力したセルの列番号が返ります

戻り値は、A列、B列、C列…の順に1、2、3…と列の位置を示す数字が返されます。

COLUMN関数の使用例

下記のサンプルは、COLUMN関数の基本的な使用例です。

F列には、どんな「COLUMN関数」を入力したかをテキスト化して表示してあります。

COLUMN関数の基本的な使用例

上記の2行目のように、引数〔参照〕を省略した場合は、数式を入力したセルの列番号が求まります。

3行目は「B3セル」を指定したので「2」が返ります。同様に4行目は「D3セル」の指定なので「4」が返ります。

5行目は引数にセル範囲(E2:I2)を指定していますので、指定した範囲の先頭から後尾までの列番号が順番に返されます。

COLUMN関数の応用例

COLUMN関数は、単独で使用するよりも他の関数と組合せて使うことで活用の幅が広がります。

よく組み合わせるのが「VLOOKUP関数」で、VLOOKUP関数の列番号を指定する部分にCOLUMN関数を使うことで効率的に関数を管理することができます。

下記のサンプルは、簡単な在庫表と在庫照会のシートです。

E列のドロップダウンリストから商品名を選択すると、在庫数量と在庫金額が表示される仕組みです。

関数を組み合わせる

まず、VLOOKUP関数の書式です。

=VLOOKUP(検索値,検索範囲,列番号,検索方法)

第三引数の「列番号」の部分をCOLUMN関数に置換てやります。

通常、在庫数量を求める場合
=VLOOKUP($E$2,$A$2:$C$7, 2 ,0)
と書きますが

COLUMN関数に置き換えると
=VLOOKUP($E$2,$A$2:$C$7, COLUMN()-4,0)
となります

COLUMN()-4は、COLUMN関数の引数を省略したので数式を入力した「F2セル」の列番号「6」が求まり、そこから「4」を引き算すると在庫数量のB列「2」が求まります。

次に、在庫金額ですが、数式は在庫数量を求めた数式を単純にコピーするだけです。手直しは必要ありません(通常であれば、列番号を在庫金額列の「3」に修正する必要があるのですが…)。

在庫金額を求める数式は
=VLOOKUP($E$2,$A$2:$C$7,COLUMN()-4,0)

複数の列から値を検索し表示するような場合では、VLOOKUP関数の引数〔列番号〕を指定する箇所をCOLUMN関数に置き換えれば、一度の関数入力だけで修正も発生することなく使えますので効率UPは間違いありません。

COLUMN関数と同じ分類の関数

COLUMN関数と同じ系列の関数は以下のページで探せます。

Excel関数カテゴリの最新記事