ROWS関数の使い方:セル範囲や配列の行数を求める関数:Excel関数

ROWS関数の使い方:セル範囲や配列の行数を求める関数:Excel関数

ROWS関数は、指定したセル範囲や配列の行数を求める関数です。

類似した名前の関数に「ROW関数」がありますが、ROW関数が「指定したセルの行番号を求める関数」なのに対して、ROWS関数は「行数を求める関数」なので、混同しないようにしてください。

ROWS関数の基本的な使い方

対応バージョン:Excel365 2019 2016 2013 2010

ROWS関数の書式です。

=ROWS(配列)
※カッコ内の「配列」を引数といいます。

引数の説明

  • 〔配列〕:行数を求めるセルやセル範囲、配列を指定。省略は不可。

セルを結合して使用している場合もありますが、そんなセルを結合している場合でも、セルを結合していない状態での正しい行数が求まります。

ROWS関数の使用例

下記のサンプルは、単純な商品別一覧ですが、この表の商品数(行数)をROWS関数でG3セルに求めています。

ROWS関数でセル範囲の行数を求める

=ROWS(A3:A10)

商品数(=行数)は「8商品」なので、結果は「8」が返ります。

次に、引数に配列を指定した場合の例です。

ROWS関数で配列の行数を求める

=ROWS({1,2,3;4,5,6;7,8,9})

上記の配列は、「3列×3行」の配列なので「3」が結果として返されます。

「コンマ(,)」が項目を区切り、「セミコロン(;)」が行を区切っています。1桁の数値が3列で、セミコロンで区切られた行が3行ありますので、結果は「3」となります。

ROWS関数は、表に保存されているデータの行数を簡単に求めることができますので、例えば、VBAで表のデータを使用して何かの計算を行ったりする場合のカウンター値としても活用することができます。

ROWS関数と同じ分類の関数

ROWS関数と同じ系列の関数は以下のページで探せます。

Excel関数カテゴリの最新記事