ROW関数の使い方:セルの行番号を求める関数:Excel関数

ROW関数の使い方:セルの行番号を求める関数:Excel関数

ROW関数は、指定したセルの行番号を求める関数です。

使い方は簡単で、行番号を求めたい行のなかの行番号を表示したいセルに数式を入力するだけです。

指定したセル範囲や配列の行数を求める場合は「ROWS関数」を使用してください。

ROW関数の基本的な使い方

対応バージョン:Excel365 2019 2016 2013 2010

ROW関数の書式です。

=ROW([参照])
※カッコ内の「[参照]」を引数といいます。

引数の説明

  • 〔参照〕:行番号を求めたいセルを指定。省略も可能。省略した場合は、数式が入力されたセルの行番号を返します

ROW関数の使用例

下記のサンプルは、単純な商品別一覧です。

A列の「No.」に、ROW関数で一連番号を付番しています。

ROW関数で一連番号を付ける

行番号はワークシートの先頭行を「1」として数えた値なので、商品一覧に番号を付ける場合、表のタイトル行と項目のタイトル行の2行を飛ばして番号を付ける必要があります。

そのため、A3セルは「=ROW()-2」とします。

あとは、A3セルの数式をオートフィルで残りのセルにコピーするだけで番号付けは終わりです。

ROW関数で付番しておけば、表の途中に行を挿入したり削除しても、新たに番号を手入力で付け直す手間が省けます。ただし、行を挿入した場合は、前後の行の数式(ROW関数)を挿入した行にコピーする必要があります(それが、サンプルの7行目です)。

ROW関数と同じ分類の関数

ROW関数と同じ系列の関数は以下のページで探せます。

Excel関数カテゴリの最新記事