TYPE関数の使い方:入力されている値のデータ型を調べる関数:Excel関数

TYPE関数の使い方:入力されている値のデータ型を調べる関数:Excel関数

TYPE関数は、指定されたセルに入力されている値の種類(データの型)を調べる関数です。

このTYPE関数とIF関数を組み合わせて使えば、数値や文字列、論理値など、それぞれの型に応じた処理に振り分けることが可能です。

TYPE関数の基本的な使い方

対応バージョン:Excel365 2019 2016 2013 2010

TYPE関数の書式です。

=TYPE(値)
※カッコ内の「値」を引数といいます。

引数の説明

  • 〔値〕:データの種類を調べる値やセル、配列を指定

引数〔値〕には、下記のように数値や文字列、論理値などを直接指定できますが、通常の場合はセル参照を指定して使います。

=TYPE(FALSE) → 戻り値は「4」

TYPE関数の使用例

TYPE関数を使い、テスト対象内のセルのデータ型(データの種類)を調べD列に表示しています。

TYPE関数でデータの種類を調べる

テスト対象〔値〕は

  • 2~3行目がC列の「エラー値」→ =TYPE(C2)
  • 4行目がA列~C列までの「配列」→ =TYPE(A4:C4)
  • 5行目がC列の「論理値」→ =TYPE(C5)
  • 6~8行目がC列の「数値と文字列」→ =TYPE(C6)

上記のように設定してデータの種類を調べ、TYPE関数の戻り値をD列に表示しています。

TYPE関数の戻り値の種類

TYPE関数の戻り値には以下の種類があります。

データの種類 TYPE関数の戻り値
数値 1
文字列 2
論理値(TRUEまたはFALSE) 4
エラー値(#DIV/0!,#VALUE!,#REF!など) 16
配列 64

TYPE関数は、さまざまなデータ型の値を引数として受け取る「ARGUMENT関数」や「INPUT関数」を使っている場合に役立ちます。TYPE関数で関数や数式の戻り値のデータ型を調べることができるからです。

なお、セルに数式が入力されているかどうかを確認するために「TYPE関数」を使用することはできません。数式かどうかを調べる場合は「ISFORMULA関数」を使います。

TYPE関数と同じ分類の関数

TYPE関数と同じ系列の関数は以下のページで探せます。

Excel関数カテゴリの最新記事