ERROR.TYPE関数の使い方:表示されているエラー値の種類を調べる関数:Excel関数

ERROR.TYPE関数の使い方:表示されているエラー値の種類を調べる関数:Excel関数

ERROR.TYPE関数は、表示されているエラー値の種類を調べる関数です。

この関数を使えば、エラーの種類に応じてメッセージや説明などを適切に表示することが可能です。

例えば、IF関数やISERROR関数などと組合せて、エラーの種類に応じた処理やメッセージの表示などを行うことができます。そのため、ERROR.TYPE関数は単独で使うというより、IF関数など他の関数と組合せて使うことが多い関数です。

ERROR.TYPE関数の基本的な使い方

対応バージョン:Excel365 2019 2016 2013 2010

ERROR.TYPE関数の書式です。

=ERROR.TYPE(テストの対象)
※カッコ内の「テストの対象」を引数といいます。

引数の説明

  • 〔テストの対象〕:エラー値かどうかを調べるセルを指定

テストの対象には、下記のようにエラー値を直接指定できますが、通常の場合はエラーかどうかテストするセルを指定して使います。

=ERROR.TYPE(#NUM!)

ERROR.TYPE関数の使用例

ERROR.TYPE関数を使い、エラー値の種類を調べD列に表示しています。

ERROR.TYPE関数でエラー値の種類を調べる

ERROR.TYPE関数の戻り値の種類(エラー値の種類)

ERROR.TYPE関数の戻り値には以下の種類があります。

エラー値 ERROR.TYPE関数の戻り値
#NULL! 1
#DIV/0! 2
#VALUE! 3
#REF! 4
#NAME? 5
#NUM! 6
#N/A 7
#GETTING_DATA 8

引数〔テストの対象〕がエラー値でなければ「#N/A」が戻り値として返されます。

ERROR.TYPE関数と同じ分類の関数

ERROR.TYPE関数と同じ系列の関数は以下のページで探せます。

Excel関数カテゴリの最新記事