SHEETS関数の使い方:ワークシートの数を求める関数:Excel関数

SHEETS関数の使い方:ワークシートの数を求める関数:Excel関数

SHEETS関数は、引数〔参照〕で指定した範囲にあるワークシートの数を求める関数です。

ワークシートに関する情報を取得し表示する関数には「SHEET関数」もありますが、SHEET関数が「指定したワークシートの番号を求める」のに対して、「SHEETS関数」は「指定した範囲に含まれるシートの数を求める」関数という違いがあります。

関数名に「S」が付くか付かないかだけの違いなので、勘違いしないよう注意しましょう。

SHEETS関数の基本的な使い方

対応バージョン:Excel365 2019 2016 2013 2010

SHEETS関数の書式です。

=SHEEET([参照])
※カッコ内の「[参照]」を引数といいます。

引数の説明

  • 〔[参照]〕:シートの名前やセル、セル範囲を指定。省略も可能で、省略した場合はワークブックに含まれる全てのシート数が返ります

SHEETS関数の使用例

B列にSHEETS関数で、指定した範囲に含まれるシート数を求めています。

C列には、どんな「SHEETS関数」を入力したか「FORMULATEXT関数」を使い文字列として表示しています。

SHEETS関数でシート数を求める

例の2行目は、SHEETS関数の引数〔参照〕を省略していますので、ワークブックに含まれる全てのシート数が返されます。このサンプルの場合は、「8」が返ります。

3~4行目は、A列のセルに入力してあるシート名(北海道と青森県)を使ってシート数を求めています。結果は、北海道と青森県という名前のシートは1つだけなので、ともに「1」が返ります。

5~6行目は、引数〔参照〕をセル範囲で指定しています。

=SHEETS(岩手県:山形県!A1)

引数にセル範囲を指定すると、そのセル範囲が含まれるワークシートの数が返されます。シート名が岩手県~山形県までのシートは3つなので、結果は「3」が返ります。

なお、「FORMULATEXT関数」は以下の記事を参照してください。

SHEETS関数と同じ分類の関数

SHEETS関数と同じ系列の関数は以下のページで探せます。

Excel関数カテゴリの最新記事