SHEET関数の使い方:指定したワークシートの番号を取得する関数:Excel関数

SHEET関数の使い方:指定したワークシートの番号を取得する関数:Excel関数

SHEET関数は、指定したワークシートの番号を求める関数です。

シートの番号は、シートの名前タブの左端を「1」とした連番になっています。そのため、SHEET関数の引数にシートの名前を指定することで、そのシートの左から数えた番号を求めることができます。

なお、ワークシートの数を求めたい場合は「SHEETS関数」を使ってください。

SHEET関数の基本的な使い方

対応バージョン:Excel365 2019 2016 2013 2010

SHEET関数の書式です。

=SHEEET([値])
※カッコ内の「[値]」を引数といいます。

引数の説明

  • 〔[値]〕:シート番号を求める「シート名」を指定。省略も可能で、省略した場合はSHEET関数を入力したシートの番号が返ります

SHEET関数の使用例

B列にSHEET関数でシート番号を求めています。

C列には、どんな「SHEET関数」を入力したか「FORMULATEXT関数」を使い文字列として表示しています。

SHEET関数でシート番号を取得

例の2~4行目は、SHEET関数の引数〔値〕に文字列でシート名を指定しています。結果は、それぞれ、北海道は「2」、青森県は「3」、岩手県は「4」とシート番号が求まっています。

5~8行目は、直接文字列でシート名を指定するのではなく、A列に入力してあるシート名を使ってシート番号を求めています。

SHEET関数の引数に直接セルを指定すると、指定したセルの含まれるシート番号が返されてしまうので、一旦「T関数」でセルに入力されている文字列を取り出し、取り出した文字列をSHEET関数の引数にすることでシート番号を求めています。

ここで上記の記述を整理します。

下記のように書くと、A5セルが含まれるシート番号が返る。この場合は「1」が返る。

=SHEET(A5)

T関数でセルの文字列を取り出し、SHEET関数の引数にすると正しいシート番号が求まる。

=SHEET(T(A5))

ブック内のシートは移動も削除も自由にできますが、シートの順番を変更したり削除した場合、シート番号も変更になりますので注意しましょう。

なお、「FORMULATEXT関数」は以下の記事を参照してください。

SHEET関数と同じ分類の関数

SHEET関数と同じ系列の関数は以下のページで探せます。

Excel関数カテゴリの最新記事