FORMULATEXT関数の使い方:指定したセルの数式を文字列として返す関数:Excel関数

FORMULATEXT関数の使い方:指定したセルの数式を文字列として返す関数:Excel関数

FORMULATEXT関数は、指定したセルに入力されている数式を文字列で返す関数です。

FORMULATEXT関数はExcel2013から追加された関数なので、それ以前のExcelでは使用できません。

FORMULATEXT関数の基本的な使い方

対応バージョン:Excel365 2019 2016 2013 2010

FORMULATEXT関数の書式です。

=FORMULATEXT(参照)
※カッコ内の「参照」を引数といいます。

引数の説明

  • 〔参照〕:数式が入力されているセルを指定

FORMULATEXT関数の使用例

下記のサンプルは、C列に入力してある数式をFORMULATEXT関数を使用して文字列に変換し、D列に表示しています。

FORMULATEXT関数で数式を表示する

=FORMULATEXT(C2)

使い方は簡単で、特に難しい部分もありません。FORMULATEXT関数の引数〔参照〕に、数式が入力されているセルを指定すれば、数式を文字列として表示してくれます。

引数〔参照〕に数式が含まれていない場合は、エラー値(#N/A)を返します。

FORMULATEXT関数と同じ分類の関数

FORMULATEXT関数と同じ系列の関数は以下のページで探せます。

Excel関数カテゴリの最新記事