ISLOGICAL関数の使い方:指定したテスト対象が論理値か調べる関数:Excel関数

ISLOGICAL関数の使い方:指定したテスト対象が論理値か調べる関数:Excel関数

ISLOGICAL関数は、指定したテストの対象(セルの値)が論理値かどうか調べて結果を返す関数です。

テストの対象が論理値なら「TRUE(真)」を返し、論理値でなければ「FALSE(偽)」を返します。

IF関数と組合せて、IF関数の引数(論理式)に指定すれば、ISLOGICAL関数の戻り値に応じて処理を振り分けることができます。

ISLOGICAL関数の基本的な使い方

対応バージョン:Excel365 2019 2016 2013 2010

ISLOGICAL関数の書式です。

=ISLOGICAL(テストの対象)
※カッコ内の「テストの対象」を引数といいます。

引数の説明

  • 〔テストの対象〕:論理値かを調べるセルを指定

ISLOGICAL関数の使用例

下記のサンプルは、論理値と文字列が混在してB列に入力されていますが、このB列の値をISLOGICAL関数の〔テストの対象〕として、入力値が論理値かどうかを調べています。

ISLOGICAL関数で論理値かを調べる

=ISLOGICAL(B2)

  • 〔テストの対象〕が「TRUE」や「FALSE」などの論理値の場合、ISLOGICAL関数は「TRUE」を返します。それが、サンプルの2、3、6、7行目です
  • 〔テストの対象〕がエラー値(例では#VALUE!)の場合は論理値ではないので、ISLOGICAL関数は「FALSE」を返します
  • 〔テストの対象〕が数値や文字列の場合も、ISLOGICAL関数は「FALSE」を返します

まとめると、ISLOGICAL関数は〔テストの対象〕が「TRUE」や「FALSE」など論理値の場合だけ「TRUE」を返し、それ以外の数値やエラー値、文字列の場合は常に「FALSE」を返します。

ISLOGICAL関数と同じ分類の関数

ISLOGICAL関数と同じ系列の関数は以下のページで探せます。

Excel関数カテゴリの最新記事