ISEVEN関数とISODD関数の使い方:指定したテスト対象が偶数か奇数かを調べる関数:Excel関数

ISEVEN関数とISODD関数の使い方:指定したテスト対象が偶数か奇数かを調べる関数:Excel関数

ISEVEN関数とISODD関数は、指定したセルの値が偶数か奇数かを調べて結果を返す関数です。

ISEVEN関数は指定したセルの値が2で割り切れる偶数なら「TRUE」を、2で割り切れない奇数なら「FALSE」を返します。ISODD関数は指定したセルの値が奇数なら「TRUE」を、偶数なら「FALSE」を返します。

IF関数と組合せて、IF関数の引数(論理式)に指定すれば、ISEVEN関数やISODD関数の戻り値に応じて処理を振り分けることができます。

ISEVEN関数とISODD関数の基本的な使い方

対応バージョン:Excel365 2019 2016 2013 2010

ISEVEN関数とISODD関数の書式です。

=ISEVEN(テストの対象)
=ISODD(テストの対象)
※カッコ内の「テストの対象」を引数といいます。

引数の説明

  • 〔テストの対象〕:偶数か奇数かを調べるセルを指定

ISEVEN関数とISODD関数の使用例

下記のサンプルは、A列に入力してある値が偶数か奇数かを調べています。

セルの値が偶数か奇数かを調べる

=ISEVENN(A2)
=ISODD(A2)

9行目は数字のように見えますが、「’12345」と文字列として入力しています。結果は、ISEVEN関数は「FALSE(偶数以外)」、ISODD関数は「TRUE(奇数)」を返します。

〔テストの対象〕が半角全角の空白の場合はエラー(#VALUE!)となります。空のセル(内容が空のセル)の場合は、ISEVEN関数は「TRUE」、ISODD関数は「FALSE」を返します。

ISEVEN関数とISODD関数と同じ分類の関数

ISEVEN関数とISODD関数と同じ系列の関数は以下のページで探せます。

Excel関数カテゴリの最新記事