ISERROR関数とISERR関数の使い方:セルの値がエラーかどうか判定する関数:Excel関数

ISERROR関数とISERR関数の使い方:セルの値がエラーかどうか判定する関数:Excel関数

ISERROR関数とISERR関数は、セルの値がエラーかどうかを判定する関数です。

エラーなら「TRUE」を返し、エラーでなければ「FALSE」を返します。そのため、セルの値を判定し、エラーなら何かの処理をするといったことが可能です。

ISERROR関数の基本的な使い方

対応バージョン:Excel365 2019 2016 2013 2010

ISERROR関数とISERR関数の書式です。

=ISERROR(テストの対象)
=ISERR(テストの対象)
※カッコ内の「テストの対象」を引数といいます。

引数の説明

  • 〔テストの対象〕:エラーになっているか調べるセルを指定。数式や関数も指定可能

ISERROR関数とISERR関数の戻り値

エラーの種類 ISERROR関数 ISERR関数
#DIV/0! TRUE TRUE
#N/A TRUE FALSE
#NAME? TRUE TRUE
#NULL! TRUE TRUE
#NUM! TRUE TRUE
#REF! TRUE TRUE
#VALUE! TRUE TRUE

ISERR関数は、[テストの対象]の評価結果が「#N/A」以外のエラーの場合に「TRUE(真)」を返し、評価結果が「#N/A」であれば「FALSE(偽)」を返します。

ISERROR関数の使用例

下記のサンプルは、単純な割り算を行っているものです。

ISERROR関数でエラーを調べる

=A4/B4

サンプルは、数値1を数値2で割り算し「計算結果」を求める単純な例ですが、数値1と数値2に有効な数値が入力されていれば計算は正しく行われます。

しかし、数値2が「0または空白」の場合は、数値1を「0や空白」で割るため「0や空白で割り算している」というエラー(#DIV/0!)になります。その例が、サンプルの4行目です。

これでも計算結果は正しいので問題はありませんが、エラー表示がされているままだと見た目がよくありません。まして、他の人にも見せるような資料の場合は、エラー箇所を他の文字列などで置き換えた方が良い場合もあります。

そういう場合は、「IF関数」と組合せて、予め計算結果がエラーになると分かる場合は何らかの処理を行い、エラーでなければ通常の処理を行うよう制御します。

IF関数とISERROR関数でエラーを制御する

=IF(ISERROR(A4/B4),”計算不能”,A4/B4)

関数の説明

  1. ISERROR関数の引数に計算式(A4/B4)を指定
  2. IF関数でISERROR関数の戻り値を評価し、TRUE(真の場合)は「計算不能」を表示。FALSE(偽の場合)は「数値1/数値2」を実行

このように、IF関数と組合せてエラーのときは任意の文字列を表示する、もしくは空白を表示するというような処理を追加するだけで、見た目にも分かりやすいものになります。

なお、ISERROR関数の代わりにISERR関数を使用しても同じ結果になります。

ISERROR関数と同じ分類の関数

ISERROR関数と同じ系列の関数は以下のページで探せます。

Excel関数カテゴリの最新記事