WORKDAY.INTL関数の使い方:指定した日付から指定した休日と祭日を除外して期日を求める関数:Excel関数

WORKDAY.INTL関数の使い方:指定した日付から指定した休日と祭日を除外して期日を求める関数:Excel関数

WORKDAY.INTL関数は、指定した日付から指定した休日と祭日を除外して期日を求める関数です。

同様の機能の関数に「WORKDAY関数」があります。ただ、WORKDAY関数が基準となる日付から土日を除いた何日後もしくは何日前の営業日を求めるのに対して、「WORKDAY.INTL関数」は、土日以外の曜日でも休日に指定して期日を求めることができます。

WORKDAY.INTL関数の基本的な使い方

対応バージョン:Excel365 2019 2016 2013 2010

WORKDAY.INTL関数の書式です。

=WORKDAY.INTL(開始日,日数,[休日],[祭日])
※カッコ内の「開始日,日数,[休日],[祭日]」を引数といいます。

引数の説明

  • 〔開始日〕:基準になる日付をシリアル値または文字列で指定
  • 〔日数〕:期日までの日数を指定。日数にマイナスの数値を指定すれば、数日前の日付を求めます
  • 〔休日〕:休日とする曜日を番号で指定(後述)。省略可能。
  • 〔祭日〕:祭日などの日付をシリアル値か文字列で指定。祭日が複数日ある場合は、セル範囲や配列で指定。省略可能。

休日を指定する番号

休日番号 休日とし計算から除外する曜日
1または省略 土曜日と日曜日
2 日曜日と月曜日
3 月曜日と火曜日
4 火曜日と水曜日
5 水曜日と木曜日
6 木曜日と金曜日
7 金曜日と土曜日
11 日曜日のみ
12 月曜日のみ
13 火曜日のみ
14 水曜日のみ
15 木曜日のみ
16 金曜日のみ
17 土曜日のみ

WORKDAY.INTL関数の使用例

受注生産をしている某工房では、入力してある開始日(例では、受注日付)を起点とし、日数(制作日数)後の完成日を求めています。

WORKDAY.INTL関数で日数後の期日を求める

上記サンプルは、受注日を21/4/30日とし、制作日数を14日とした場合の例です。

土日の休日と祭日を除外する場合

1番目(上記サンプルの2行目)は、各週の土日が休日で、その他にも2021/5/3~5/5までの3日間を祭日のための休日とした場合です。

  • 引数〔休日〕には、「1」の土日を休日として除外するを指定(なお、土日を除外する場合は省略も可です)
  • 引数〔祭日〕には、祭日の日付が入力されているA7~A9のセル範囲を指定

=WORKDAY.INTL(A2,C2,1,A7:A9)

結果は、土日と祭日を除いて計算するので「2021/5/25」となります。

土日の休日のみを除外する場合

2番目(上記サンプルの3行目)は、各週の土日が休日とした場合です。

  • 引数〔休日〕は、省略していますので「土日」が休日として除外されます
  • 引数〔祭日〕は省略です

=WORKDAY.INTL(A3,C3)

結果は、土日のみ除いて計算するので「2021/5/20」となります。

休日を別の日に指定し除外する場合

3番目(上記サンプルの4行目)は、各週の水曜日を休日とした場合です。

  • 引数〔休日〕は、「14」を指定し毎週水曜日を休日として除外します
  • 引数〔祭日〕は省略です

=WORKDAY.INTL(A4,C4,14)

結果は、水曜日のみ除いて計算するので「2021/5/16」となります。

まとめ

WORKDAY.INTL関数は土日のみを休日とするのではなく、自由に休日を指定することができるので活用の幅が広がります。

一般的な企業なら土日が休みというところが多いですが、業種によっては水曜日や月曜日が休日、いわゆる週末となりますので、その業種に合わせたスケジュールを管理することができます。

WORKDAY.INTL関数と同じ分類の関数

WORKDAY.INTL関数と同じ系列の関数は以下のページで探せます。

Excel関数カテゴリの最新記事