HOUR関数の使い方:時刻から「時」を取り出す関数:Excel関数

HOUR関数の使い方:時刻から「時」を取り出す関数:Excel関数

HOUR関数は、時刻から「時」を取り出す関数です。

なお、時刻から「分」を取り出したい場合は「MINUTE関数」、「秒」を取り出したい場合は「SECOND関数」を使います。

HOUR関数の基本的な使い方

対応バージョン:Excel365 2019 2016 2013 2010

HOUR関数の書式です。

=HOUR(シリアル値)
※カッコ内の「シリアル値」を引数といいます。
※HOUR関数の戻り値は0(午前 0時)~23(午後11時)の範囲の整数。

引数の説明

  • 〔シリアル値〕:時刻をシリアル値で指定(時刻をシリアル値か文字列で指定)

時刻を文字列で指定する場合は「ダブルクォーテーション(”)」を前後に付けて時刻を指定します。例えば、「=HOUR(“8:25 PM”)」のように指定すると、戻り値は「20(時)」になり、「=HOUR(“8:25 AM”)」と指定すれば、戻り値は「8(時)」になります。

Excelが内部的に管理する時刻のシリアル値は、24時間を「1」とし、12時間なら「0.5」、3時間なら「0.125」となります。

HOUR関数の使用例

入力してある時刻から「時」を取り出します。

HOUR関数で時刻から「時」を取り出す

=HOUR(A2)

時を表す数値「0(午前 0時)~23(午後11時)までの範囲」がHOUR関数の結果として返されます。

HOUR関数と同じ分類の関数

HOUR関数と同じ系列の関数は以下のページで探せます。

Excel関数カテゴリの最新記事