NUMBERSTRING関数の使い方:数値を漢数字に変換する関数:Excel関数

NUMBERSTRING関数の使い方:数値を漢数字に変換する関数:Excel関数

NUMBERSTRING関数は、数値を漢数字の文字列に変換する関数です。

このNUMBERSTRING関数は、関数挿入のダイアログには表示されない関数なので、使用する場合は「キーボード」から入力する必要があります。

NUMBERSTRING関数の基本的な使い方

対応バージョン:Excel365 2019 2016 2013 2010

NUMBERSTRING関数の書式です。

=NUMBERSTRING(数値,形式)
※カッコ内の「数値,形式」を引数といいます。

引数の説明

  • 〔数値〕:漢数字に変換する数値を指定
  • 〔形式〕:漢数字の表示形式を「1~3」の数字で指定

引数〔形式〕の種類

  • 1:「十二万三千四百五十六」のように漢数字と位取りで表示
  • 2:「壱拾弐萬参阡四百伍拾六」のように漢数字と位取りで表示
  • 3:「一二三四五六七八九〇」のように漢数字で表示

NUMBERSTRING関数の使用例

入力してある数値を漢数字に変換して表示しています。

NUMBERSTRING関数で漢数字に変換

=NUMBERSTRING(A3,1)

  • 1番目の例は、引数〔形式〕に「1」を指定していますので、数値は漢数字の「十二万三千四百五十六」の文字列に変換されます
  • 2番目の例は、引数〔形式〕に「2」を指定していますので、数値は漢数字の「壱拾弐萬参阡四百伍拾六」の文字列に変換されます
  • 3番目の例は、引数〔形式〕に「3」を指定していますので、数値は位取りを付けずに漢数字の「一二三四五六七八九〇」に変換されます

利用する機会は少ない関数ですが、実務では見積書や請求書などに「漢数字」で金額を表記することがありますので、そういう場合を考慮して用意されている関数です。

NUMBERSTRING関数と同じ分類の関数

NUMBERSTRING関数と同じ系列の関数は以下のページで探せます。

Excel関数カテゴリの最新記事