UPPER関数とLOWER関数の使い方:英字を大文字や小文字に変換する関数:Excel関数

UPPER関数とLOWER関数の使い方:英字を大文字や小文字に変換する関数:Excel関数

UPPER関数とLOWER関数は、セル内に入力されている英字を大文字や小文字に変換する関数です。

英字を大文字に変換するのは「UPPER関数」、小文字に変換するのは「LOWER関数」です。どちらの関数も、対象となる文字列はアルファベットだけです。

英単語の先頭1文字だけ大文字にしたい場合は「PROPER関数」を使います。

UPPER関数とLOWER関数の基本的な使い方

対応バージョン:Excel365 2019 2016 2013 2010

UPPER関数とLOWER関数の書式です。

アルファベットを大文字に変換
=UPPER(文字列)
アルファベットをを小文字に変換
=LOWER(文字列)
※カッコ内の「文字列」を引数といいます。

引数の説明

  • 〔文字列〕:大文字または小文字に変換する文字列(アルファベット)が入力してあるセルを指定

UPPER関数とLOWER関数の使用例

UPPER関数の使用例

下記サンプルは、A3セルの「文字列(英字)」を「UPPER関数」で大文字に変換してB3セルに表示しています。

UPPER関数で小文字を大文字に変換

=UPPER(A3)

「UPPER関数」「LOWER関数」は、全角・半角の変換はしません。大文字から小文字、または、この逆の変換をするだけの関数です。

LOWER関数の使用例

A6セルの文字列(英文字)を「LOWER関数」で小文字に変換しB6セルに表示します。A7セルのように大文字と小文字が混在している場合でも(この例では先頭が大文字)、正しく変換されます。

LOWER関数で大文字を小文字に変換

=LOWER(A6)

UPPER関数・LOWER関数と同じ分類の関数

UPPER関数・LOWER関数と同じ系列の関数は以下のページで探せます。

Excel関数カテゴリの最新記事