TRIM関数の使い方:セル内の不要な空白を取り除く関数:Excel関数

TRIM関数の使い方:セル内の不要な空白を取り除く関数:Excel関数

TRIM関数は、セル内に入力されている不要な空白を削除する関数です。

前回に取り上げた「CLEAN関数」と同様、Webページなどとデータをやりとりすると、データ中に不必要な空白が連続して含まれることがあります。TRIM関数は、文字列間の空白を1つだけ残して、不要な空白を削除する場合に使います。

TRIM関数の基本的な使い方

対応バージョン:Excel365 2019 2016 2013 2010

TRIM関数の書式です。

=TRIM(文字列)
※カッコ内の「文字列」を引数といいます。
※文字列間の空白を1つ残し、それ以外の空白は削除する。文字列の先頭や末尾に空白がある場合も削除される
※全角の空白、半角の空白の別を問わず削除される

引数の説明

  • 〔文字列〕:不要な空白を削除したいセルを指定

TRIM関数の使用例

下記サンプルは、「文字列」欄の文字列から不要な空白を削除しています。

TRIM関数で不要な空白を削除

=TRIM(A3)

A3セルの文字列には不要な連続する空白が入力されていますので、これを「TRIM関数」で文字列間の空白を1つだけ残して削除しB3セルに表示しています。

TRIM関数と同じ分類の関数

TRIM関数と同じ系列の関数は以下のページで探せます。

Excel関数カテゴリの最新記事