SUBSTITUTE関数の使い方:文字列を検索して置き換える関数:Excel関数

SUBSTITUTE関数の使い方:文字列を検索して置き換える関数:Excel関数

SUBSTITUTE(サブスティテュート)関数は、指定した文字列で検索対象の文字列を検索し、他の文字列に置き換える関数です。

同じ検索文字列が検索対象内に複数ある場合でも、引数〔置換対象〕に何番目の文字列を置き換えるか指定できます。

なお、SUBSTITUTE関数は全角文字と半角文字を区別しますので、検索文字列を指定する場合は注意しましょう。検索文字が半角なら半角だけを検索します。半角・全角を間違えると正しい結果になりませんので要注意です。

SUBSTITUTE関数の基本的な使い方

対応バージョン:Excel365 2019 2016 2013 2010

SUBSTITUTE関数の書式です。

=SUBSTITUTE(文字列,検索文字列,置換文字列,置換対象)
※カッコ内の「文字列,検索文字列,置換文字列,置換対象」を引数といいます。

引数の説明

  • 〔文字列〕:置換対象の文字列が入力されているセルを指定
  • 〔検索文字列〕:検索する文字列を指定
  • 〔置換文字数〕:置き換える文字数を指定
  • 〔置換対象〕:検索する文字列と一致する文字列が複数あるとき、何番目の文字列を置換するか整数で指定。省略した場合は、検索文字列と一致した全てが置換されます

SUBSTITUTE関数の使用例

下記サンプルは、「会員コード」に入力してあるデータを「SUBSTITUTE関数」で加工しています。

  1. 会員コードの「A」をすべて「X」で置き換える
  2. 会員コードの2番目の「A」を削除
  3. 会員コードの先頭から4文字の「1003」を削除し下4桁を取り出す
  4. 氏名から「名」を取り出す
SUBSTITUTE関数で文字列を置換

上記サンプル①は、A3セルに入力してあるデータから「A」を検索し、該当する「A」をすべて「X」で置き換える(A→X)。

=SUBSTITUTE(A3,”A”,”X”)

引数〔置換対象〕を省略しているので、一致するすべてが置き換えられます。

②は、A4セルに入力してあるデータから「A」を検索し、一致する2番目の「A」を削除します。

=SUBSTITUTE(A4,”A”,””,2)

置換文字の「””」は、空の文字(何もない状態)を表すため、結果として元の文字が削除された状態になります。

引数〔置換対象〕に「2」を指定しているので、一致する2番目の「A」が削除されます。

③は、A5セルに入力してあるデータから「1003」を検索し、空の文字(何もない状態)に置換しています。結果、検索で一致した文字列が削除され、サンプルでは下4桁のみが表示されます。

=SUBSTITUTE(A5,1003,””)

④は、A9セルに入力してる氏名から「名」を取り出しています。

=SUBSTITUTE(A9,B9,””)

関数式の中の「B9」セルに「FIND関数」と「LEFT関数」で「姓」を取り出し、取り出した「姓」で氏名(A9セル)を検索し、一致した場合は空の文字(何もない状態)で置換します。

空の文字で置き換えることで「姓」は削除され、残ったのは「名」だけです。

SUBSTITUTE関数と同じ分類の関数

SUBSTITUTE関数と同じ系列の関数は以下のページで探せます。

Excel関数カテゴリの最新記事