REPLACE関数の使い方:指定した位置の文字列を置き換える関数:Excel関数

REPLACE関数の使い方:指定した位置の文字列を置き換える関数:Excel関数

REPLACE関数は、指定した位置の文字列を指定した文字列で置き換える関数です。

REPLACE関数は、単純に文字列を置き換えるだけではなく、文字列の削除や挿入などもできます。

ただし、置き換える文字列を検索して置き換えることはできませんので、あらかじめ置き換える文字列や数値の位置が分かっている場合に利用します。

置き換える文字列の位置が不明の場合は、文字列を検索して置き換える「SUBSTITUTE関数」を使ってください。

REPLACE関数の基本的な使い方

対応バージョン:Excel365 2019 2016 2013 2010

REPLACE関数の書式です。

=REPLACE(文字列,開始位置,文字数,置換文字列)
※カッコ内の「文字列,開始位置,文字数,置換文字列」を引数といいます。

引数の説明

  • 〔文字列〕:置換対象の文字列が入力されているセルを指定
  • 〔開始位置〕:置換する文字列の開始位置を指定
  • 〔文字数〕:置き換える文字数を指定
  • 〔置換文字列〕:置き換える文字列を指定、もしくは置き換える文字列が入力してあるセルを指定

REPLACE関数の使用例

下記サンプルは、「会員コード」に入力してあるデータを「REPLACE関数」で加工しています。

  1. 会員コード7番目の文字を他の文字で置換
  2. 会員コード7番目の文字を削除
  3. 会員コード5番目の位置に文字を挿入
  4. 会員コード7番目の文字から2文字を他の3文字で置換
REPLACE関数で文字列を置換

上記サンプル①は、A3セルの7番目から1文字を「0」で置き換える(3→0)。

=REPLACE(A3,7,1,0)

②は、A4セルの7番目から1文字を削除する。

=REPLACE(A4,7,1,””)

置換文字の「””」は、空の文字(何もない状態)を表すため、結果として元の文字が削除された状態になります。

なお、関数「=REPLACE(A4,7,1,””)」は、引数〔置換文字列〕を省略し「=REPLACE(A4,7,1,)」と書いても結果は同じになります。

③は、A5セルの5番目から0文字を「”-“」で置き換えます。置き換える文字数が「0文字」なので、実際には置換ではなく指定の位置に「”-“」が挿入されます。

=REPLACE(A5,5,0,”-“)

④は、A6セルの7番目から3文字を「”PPP”」で置き換える(3A→PPP)。

=REPLACE(A6,7,3,”PPP”)

A6セルの7文字目以降は2文字しかありませんが、これを3文字(PPP)で置き換えています。

指定したバイト数で置き換える場合は「REPLACEB関数」を使う

文字列の置換文字数をバイト数で指定することもできます。

置換する文字数をバイト数で指定するときは「REPLACEB関数」を使ってください。

REPLACE関数は、指定した位置から指定した文字数だけ置き換える関数なので、全角文字と半角文字の区別はしません。

一方、REPLACEB関数は、半角文字なら1バイト、全角文字なら2バイトと明確に区別しますので、文字列の置換や、削除、挿入に「REPLACEB関数」を使う場合は、バイト数を意識して使ってください。

REPLACEB関数の書式です。

=REPLACE(文字列,開始位置,バイト数,置換文字列)
※カッコ内の「文字列,開始位置,バイト数,置換文字列」を引数といいます。

REPLACE関数と同じ分類の関数

REPLACE関数と同じ系列の関数は以下のページで探せます。

Excel関数カテゴリの最新記事