PHONETIC関数の使い方:文字列からフリガナを取り出す関数:Excel関数

PHONETIC関数の使い方:文字列からフリガナを取り出す関数:Excel関数

PHONETIC関数は、指定した文字列からフリガナを取り出す関数です。

セルに氏名などを入力した際には、その「フリガナ」がセルに同時に保存されています。PHONETIC関数は、その「フリガナ」を取り出す関数です。

だたし、特殊な読み方をするような場合で漢字入力時に正しく変換できないようなときは、フリガナも正し入力されていませんので、後からフリガナ部分を修正する必要があります(「フリガナ」を後から使用する場合)。

PHONETIC関数の基本的な使い方

対応バージョン:Excel365 2019 2016 2013 2010

PHONETIC関数の書式です。

=PHONETIC(セル参照)
※カッコ内の「セル参照」を引数といいます。

引数の説明

  • 〔セル参照〕:フリガナを取り出す文字列が入力されているセル

PHONETIC関数の使用例

下記サンプルは、「氏名」に入力してあるデータから、「フリガナ」を取り出して表示しています。

PHONETIC関数でフリガナを取り出す

C列に「フリガナ」を表示します。

=PHONETIC(B3)

  1. 引数〔セル参照〕には、フリガナを取り出すセルを指定

これでC列に、指定した文字列の「フリガナ」が表示されます。

フリガナが間違って入力されている場合

特殊な読み方をするような漢字の場合は、一度で漢字変換できないことがあります。こういう場合は、漢字を別々に入力するなどの方法を試すことになります。

このように、別々に音読み・訓読みで入力した場合、フリガナも本来の「読み」にはなりません。

特に「フリガナ」を必要としない場合は、このままでも良いのですが、後から「フリガナ」も必要ということであれば、正しい形に「フリガナ」を修正することが必要です。

修正の方法は2通りあります。

1.「shift+alt+↑」キーを押すことで「フリガナ」の修正ができます。

「shift+alt+↑」で修正

2.ツールバーの「ホーム」タブの「ふりがなの表示/非表示」から修正できます。

「ふりがなの表示/非表示」から修正

フリガナを「ひらがな」にする

今回のサンプルは漢字の「読み(フリガナ)」をカタカナで表示していますが、フリガナを「ひらがな」に変更したい場合もあります。

変更の方法は、ツールバーの「ホーム」タブの「ふりがなの表示/非表示」の「ふりがなの設定」から読みを変更できます。

フリガナを「ひらがな」にする

PHONETIC関数と同じ分類の関数

PHONETIC関数と同じ系列の関数は以下のページで探せます。

Excel関数カテゴリの最新記事