LEN関数の使い方:文字列の文字数を求める関数:Excel関数

LEN関数の使い方:文字列の文字数を求める関数:Excel関数

LEN関数は、文字列の文字数や桁数を求める関数です。

LEN関数は、他の関数(例えば、MID関数やRIGHT関数)と組み合わせて使うと便利な関数です。

LEN関数の基本的な使い方

対応バージョン:Excel365 2019 2016 2013 2010

LEN関数の書式です。

=LEN(文字列)
※カッコ内の「文字列」を引数といいます。

引数の説明

  • 〔文字列〕:文字数を求める文字列を含むセルか文字列を指定

LEN関数の使用例

下記サンプルは、A列に会員コードと氏名が合体した形で「ユーザー名」として入力されています。この文字列から、文字数を求めています。

LEN関数で文字数を調べる

ユーザー名の文字数を求めます。

=LEN(A3)

  1. LEN関数の引数〔文字列〕にはユーザー名(A3セル)を指定。

これでB列にユーザー名の「文字数」が求まります。文字数の中には空白の数も含まれています(空白も1文字として数えられるため)。

ユーザー名のバイト数を求めるときはLENB関数を使う

文字列のバイト数を求めるためには「LENB関数」を使います。

=LENB(文字列)
※カッコ内の「文字列」を引数といいます。

使い方は「LEN関数」と同じで、引数に文字列が入力されているセルか文字列を直接指定するだけです。

LENB関数で文字列のバイト数を調べる

=LENB(A3)

  1. LENB関数の引数〔文字列〕にはユーザー名(A3セル)を指定。

これでC列にユーザー名の「バイト数」が求まります。空白も1バイトと数えられます。

なお、文字列の中に全角文字と半角文字が混在していて、その中かの全角文字の文字数を調べたいときは、LENB関数の結果からLEN関数の結果を引き算することで求められます。

上記のサンプルなら「=C3-B3」とすることで、全角文字の文字数が求まります。

上記サンプルのD列を参照してください。

同様の考えで半角文字の桁数(文字数)も調べられます。半角の文字数が決まっている場合で、入力データの半角文字が正しい桁で入力されているかチェックする場合などで利用できます。

LEN関数と同じ分類の関数

LEN関数と同じ系列の関数は以下のページで探せます。

Excel関数カテゴリの最新記事