RIGHT関数とRIGHTB関数の使い方:文字列の末尾から数文字・数バイトを取り出す関数:Excel関数

RIGHT関数とRIGHTB関数の使い方:文字列の末尾から数文字・数バイトを取り出す関数:Excel関数

RIGHT関数とRIGHTB関数は、どちらも特定の文字列の末尾(右)から何文字もしくは何バイトかの文字列を取り出す関数です。

RIGHT関数は末尾から数文字を取り出し、RIGHTB関数は末尾から数バイト取り出す関数なので、実行結果には違いが出ます。

RIGHT関数とRIGHTB関数の基本的な使い方

対応バージョン:Excel365 2019 2016 2013 2010

RIGHT関数とRIGHTB関数の書式です。

=RIGHT(文字列,文字数)
=RIGHTB(文字列,バイト数)
※カッコ内の「文字列,文字数もしくはバイト数」を引数といいます。
※引数〔文字数・バイト数〕は省略できます。
※RIGHT関数は、半角文字も全角文字も1文字として扱います。
※RIGHTB関数は、半角文字は1バイト、全角文字は2バイトとして扱われます。

引数の説明

  • 〔文字列〕:取り出したい文字列を含むセルか文字列を指定
  • 〔文字数またはバイト数〕:取り出す文字数またはバイト数を指定。省略することもできます。ただし、省略すると「1」を指定したことになるので、RIGHT関数は半角も全角も1文字を取り出し、RIGHTB関数は半角なら1バイト(1文字)、全角は空白(全角は2バイトで1文字なので)となります。

RIGHT関数とRIGHTB関数の使用例

下記サンプルは、C列のセルにRIGHT関数で郵便番号の下4桁を取り出しています。また、D列のセルにはRIGHTB関数で郵便番号の下4バイトを取り出しています。

RIGHT関数とRIGHTB関数で下4桁を取り出す

=RIGHT(B2,4)(下4桁を取り出す)
=RIGHTB(B2,4)(下4バイトを取り出す)

引数〔文字列〕には郵便番号(B2セル)を指定。引数〔文字数〕には、下4桁を取り出すので「4」を指定(RIGHTB関数の場合は下4バイトを取り出すので「4」を指定)します。

結果はC列とD列の各セルに求まります。

RIGHT関数とRIGHTB関数の相違点

RIGHT関数とRIGHTB関数の相違点

郵便番号が全角文字で入力されていた場合は、違った結果となります。それが、上記の「3行目」です。

RIGHT関数は、半角文字も全角文字も1文字として数えますので、全角でも半角でも郵便番号の下4桁を取り出せます。しかし、RIGHTB関数は、半角文字は1文字1バイト、全角文字は1文字2バイトとして数えるため、全角文字で入力された場合は、下2桁しか取り出すことができません。

よって、RIGHTB関数で全角文字の下4桁を取り出す場合は、引数〔バイト数〕には「8」と指定することになります。

なお、文字列を先頭(左)から取り出す場合は「LEFT関数やLEFTB関数」を使います。

RIGHT関数・RIGHTB関数と同じ分類の関数

RIGHT関数・RIGHTB関数と同じ系列の関数は以下のページで探せます。

Excel関数カテゴリの最新記事