LEFT関数の使い方:文字列の先頭(左)から文字列を取り出す関数:Excel関数

LEFT関数の使い方:文字列の先頭(左)から文字列を取り出す関数:Excel関数

LEFT関数は、特定の文字列の先頭(左)から何文字かの文字列を取り出す関数です。

LEFT関数と、前回取り上げたFIND関数を使えば、氏名から姓(名字)を取り出したり、電話番号から市外局番を抽出することができます。

LEFT関数の基本的な使い方

対応バージョン:Excel365 2019 2016 2013 2010

LEFT関数の書式です。

=LEFT(文字列,文字数)
※カッコ内の「文字列,文字数」を引数といいます。
※引数〔文字数〕は省略できます。

引数の説明

  • 〔文字列〕:取り出したい文字列を含むセルか文字列を指定
  • 〔文字数〕:取り出す文字数を指定。省略することもできますが、省略すると先頭から「1」文字のみ抽出します

LEFT関数の使用例

下記サンプルは、氏名欄に入力されている名前の、姓と名を区切る空白をFIND関数で検索し位置を求め、その結果を使って氏名から姓を取り出しています。

LEFT関数で氏名から姓を取り出す

=LEFT(A2,C2-1)

引数〔文字列〕には氏名(A2セル)を指定、引数〔文字数〕には、FIND関数で検索した位置(C2セル)から「1」を引き算して指定。FIND関数で求めたのは空白の位置なので、そこから「1」をマイナスしたのが「文字数」になります。

E2セルに結果の「姓」が求まります。

なお、これと同じことはLEFT関数とFIND関数をネストしても可能です。

=LEFT(A2,FIND(“ ”,A2)-1)

内側のFIND関数で氏名の中の空白の位置を探し、そこから「1」を引き算し文字数を求め、その結果をLEFT関数の引数〔文字数〕に指定しています。

LEFT関数やFIND関数の利用目的が、最初から氏名から姓を取り出すことであれば、上記のようにLEFT関数とFIND関数をネストして使った方が効率的です。

なお、文字列を後ろ(右)から取り出す場合は「RIGHT関数」を使います。

RIGHT関数の書式

=RIGHT(文字列,文字数)

使い方はLEFT関数と基本的に同じです。

LEFT関数と同じ分類の関数

LEFT関数と同じ系列の関数は以下のページで探せます。

Excel関数カテゴリの最新記事