WORKDAY関数の使い方:起点となる日付から数日後や数日前の営業日を求める関数:Excel関数

WORKDAY関数の使い方:起点となる日付から数日後や数日前の営業日を求める関数:Excel関数

WORKDAY関数は、基準となる日付から土日を除いた数日後や数日前の営業日を求める関数です。

さらに、祝祭日などを予め定義しておけば、それらの日付も除いて営業日を求めることができます。そのため、いちいち手作業で翌営業日や翌々営業日などの先の日付を計算する必要がなくなります。

基準となる日付から土日以外の曜日を除外して期日や営業日を求める場合は、「WORKDAY.INTL関数」を使用してください。

WORKDAY関数の基本的な使い方

対応バージョン:Excel365 2019 2016 2013 2010

WORKDAY関数の書式です。

=WORKDAY(開始日,日数,[祭日])
※引数〔日数〕にマイナスの数値を指定すると数日前の日付を求め、プラスの数値を指定すれば数日後の日付を求めます。

引数の説明

  • 〔開始日〕:計算する起点となる日付をシリアル値または文字列で指定
  • 〔日数〕:土日を除く平日で営業日を計算する経過日数(何日後か何日前)を指定(WORKDAY関数は、無条件に土日を除いた営業日を求めるので、土日を経過日数に含める必要はない)
  • 〔祭日〕:営業日計算から除外する祝祭日や創業記念日などを「別表」に記載し、そのセル範囲を指定。省略も可能

WORKDAY関数の使用例

下記サンプルのC2セルなどに「WORKDAY関数」を入力しています。

WORKDAY関数の使用例

引数〔開始日〕にはA2セルの日付(例では、2021/4/30)を指定し、その1営業日を求めるので、引数〔日数〕は「1」を指定しています。引数〔祭日〕は指定しませんので省略。

結果は、「2021/4/30(金曜日)」の1営業日後の「2021/5/3(月曜日)」が求まります。5/1は土曜日で5/2は日曜日なので、この2日を除いて計算し5/3(月曜日)が結果として返されます。

なお、引数〔日数〕に「2」を指定すれば2営業日後の日付を計算できますし、「3」を指定すれば3営業日後の日付を求めることができます。

さらに、引数〔日数〕にマイナスの数値を指定すれば、数日前の日付を求めることができます。

WORKDAY関数で祝祭日を除外する

上記サンプルの「C11セル」は、予め定義してある祝日などの日付も除外して翌営業日を求めています。

=WORKDAY(A11,1,E2:E4)

引数〔開始日〕にはA11セルの日付を指定し、その1営業日を求めるので、引数〔日数〕は「1」を指定。引数〔祭日〕には、「E2:E4(憲法記念日やこどもの日などを定義)」までの祭日テーブル(セル範囲)を指定し、この中の日付を除外するよう指定します。

実行結果は、土日と祭日が除かれた1営業日後の日付「2021/5/6」が求まります。

WORKDAY関数と同じ分類の関数

WORKDAY関数と同じ系列の関数は以下のページで探せます。

Excel関数カテゴリの最新記事