TEXT関数の使い方:指定した表示形式の文字列に変換する関数:Excel関数

TEXT関数の使い方:指定した表示形式の文字列に変換する関数:Excel関数

TEXT関数は、指定した数値を表示形式に従って文字列に変換する関数です。

一例をあげると、日付データを基にその日付の「曜日」を表示したり、年月日の表示順序を入れ替えたり、和暦で表示したりということが簡単に行えます。

TEXT関数の基本的な使い方

対応バージョン:Excel365 2019 2016 2013 2010

TEXT関数の書式です。

=TEXT(値,表示形式)

引数の説明

  • 〔値〕:文字列に変換する値(セル番号など)を指定
  • 〔表示形式〕:文字列に変換するための書式番号(詳細は後述)を「”」ダブルクォーテーションを付けて指定

書式番号の種類

数値

書式
番号
意味 表示形式 表示例
# #の数だけ数値を表示 ###.# 123.456→123.5
0 0の数だけ数値を表示 0000.0000 123.456→0123.4560
? ?の数に満たないときは「空白」を表示 ????.??? 123.456→_123.456(_は空白の意味)
. 小数点「.」を表示 ###.00 123→123.00
, 桁を区切る「,」を表示 ###,### 123456→123,456
% %を表示 0% 0.2→20%
¥ ¥を表示 ¥### 550→¥550
$ $を表示 $### 550→$550
/ 分数で表示 ##/## 0.2→1/5

日付と時刻

書式
番号
意味 表示形式 表示例
yy 西暦の年の下2桁を表示 yy 2021/7/17→21(年の下2桁)
yyyy 西暦の年を4桁表示 yyyy 2021/7/17→2021
m 月を表示 m m: 2021/7/17→7
mm: 2021/7/17→07
mmm: 2021/7/17→jul
mmmm: 2021/7/17→july
d 日付を表示 d d: 2021/7/7→7
dd: 2021/7/7→07
a 曜日を表示 a aaa: 2021/7/7→水
aaaa: 2021/7/7→水曜日
e 和暦を表示 e e: 2021/7/7→3
ge: 2021/7/7→R3
gge: 2021/7/7→令3
ggge: 2021/7/7→令和3
h 時刻を表示 h h: 7:05:23→7
hh: 7:05:23→07
m 分を表示(hやsと組み合わせて使う) m h:m: 7:05:23→7:5
h:mm: 7:05:23→7:05
s 秒を表示 s s: 7:05:03→3
ss: 7:05:03→03
AM/PM 午前/午後を表示 AM/PM h:mAM/PM: 7:05:03→7:5AM

TEXT関数の使用例

TEXT関数の使用例の一部です。

日付から「曜日」を求めたり、西暦表示の年月日を「和暦」に返還して表示するなど、実際に使用頻度が高いもののサンプルです。日付さえ入力されていれば、曜日をわざわざ手入力する必要はありませんし、時短にもなりますから是非活用してください。

TEXT関数の使用例

TEXT関数と同じ分類の関数

TEXT関数と同じ「文字列操作」系の関数は以下のページで探せます。

Excel関数カテゴリの最新記事