DAVERAGE関数の使い方:複数の条件を満たすデータの平均を求める:Excel関数

DAVERAGE関数の使い方:複数の条件を満たすデータの平均を求める:Excel関数

DAVERAGE関数は、指定した複数の条件と一致する数値データの平均を求める関数です。

平均を求める条件の指定方法によって「AND条件」と「OR条件」を使い分けることが可能です。条件を同じ「行」に指定すれば「AND条件」となり、別の「行」に指定すれば「OR条件」となります。

DAVERAGE関数の使い方

対応バージョン:Excel365 2019 2016 2013 2010

DAVERAGE関数の書式です。

=DAVERAGE(データベース,フィールド,条件)
※カッコ内の「データベース,フィールド,条件」を引数といいます。
※条件と一致するデータが見つからない場合は「0」が返されます。また、セル内容が空白の場合も「0」が返されます。

引数の説明

  • 〔データベース〕:検索範囲を列見出しも含めて指定
  • 〔フィールド〕:平均を求める列の見出しを指定
  • 〔条件〕:検索条件を入力したセル範囲を指定

DAVERAGE関数の基本的な使い方

それでは、実際のサンプルでDAVERAGE関数の使い方をイメージしましょう。

以下のサンプルは、ポイントカード利用者の管理表で、そこから「男女・年齢・職業」に入力した条件に基づいて利用回数の平均を求めています(画像の右側の部分)。

画像右側の上が「OR条件」で平均を求めたもの、下が「AND条件」で平均を算出した例です。

なお、職業は数値で表していますが、意味は以下のように決めています。

  • 1:会社員
  • 2:パート
  • 3:アルバイト
  • 4:学生
  • 5:無職

また、男女別は、1が男性で2が女性としています。

DAVERAGE関数の使用例

OR条件の使い方

まず、「OR条件」で平均を求める場合です(画像の右上)。

関数式は以下の通り。

=DAVERAGE(A2:F16,E2,H2:J4)

関数式の説明

引数〔データベース〕には、平均を求めるセル範囲を指定しますので、見出し行も含めて「A2:F16」を指定。

引数〔フィールド〕には、平均を算出する列の見出しを指定しますので、ここでは「利用回数」列の見出し文字列(E2セル「利用回数」)を指定します。

次に条件ですが、ここでは「OR条件」でデータベース内を検索するので、条件の1行目の職業に2(パート)を指定し、条件の2行目に年齢が40歳を超える(>40)、かつ、職業は1(会社員)を指定し、この条件に一致したデータの平均を求めます。

このように、条件を2行に分けて書くことで「OR条件」となり、結果は、いずれかの条件を満たしたデータの平均値が返されます。

パート(2)の人数は上記の画像から2人、年齢が40歳を超えて職業が会社員(1)の人数は3人なので、この両者の「利用回数」の合計を条件に一致した人数で割り平均が計算(計算結果は「25」)されます。

AND条件の使い方

次に、「AND条件」で平均を求める場合です(画像の右下)。

関数式は以下の通り。

=DAVERAGE(A2:F16,E2,H10:J11)

関数式の説明

引数〔データベース〕には、見出し行も含めて平均を求めるセル範囲を指定します。

引数〔フィールド〕には、平均を求める列の見出し(「利用回数」列の見出し文字列)を指定します。

今度は「AND条件」で検索するので、条件を入力する行は1行だけです。

男女は女性(2)、年齢は25歳を超える(>25)、職業はパート(2)を指定し、この全ての条件を満たしたデータの平均が返されます。

上記の画像からも分かりますが、この条件に一致するデータは2個だけなので結果は「26.5(20+33/2=26.5)」となります。

DAVERAGE関数と同じ分類の関数

DAVERAGE関数と同じ「合計/平均」系の関数は以下のページで探せます。

Excel関数カテゴリの最新記事