MODE.SNGL関数・MODE関数の使い方:データ範囲の最頻値を調べる関数:Excel関数

MODE.SNGL関数・MODE関数の使い方:データ範囲の最頻値を調べる関数:Excel関数

MODE.SNGL関数は、データ範囲の中から最頻値(最も多く出現する値)を求めます。

なお、MODE.SNGL関数では「文字列」の最頻値は求められませんんので注意してください。

MODE.SNGL関数はデータの最頻値を求める

対応バージョン:Excel365 2019 2016 2013 2010

MODE.SNGL関数が使えるのは、Excel2010からです。それ以前のExcelの場合は、MODE.SNGL関数の旧バージョンである「MODE関数」を使います。書式や使い方は「MODE.SNGL関数」と同じです。MODE関数は下位互換性のために残されている関数です。

MODE.SNGL関数の書式です。

=MODE.SNGL(数値1,数値2,…,数値254)
※カッコ内の「数値1,数値2,…,数値254」を引数といいます。
※引数〔数値〕には、数値、数値配列を指定できます。また、数値範囲に付けた名前かセル参照を指定できます。
※数値および数値が入力されているセルが対象、文字列、論理値、空白のセルは対象外。

注意点

  • エラー値を引数に指定するとエラーになります
  • 引数〔数値〕の中に同じ数値がないとエラー「#N/A」になります
  • 最頻値が複数ある場合、最初に出現した数値が最頻値として返されます
  • 最頻値が複数ある可能性がある場合は、MODE.MULT関数を使います

引数の説明

  • 数値: 最頻値を求めたい数値や数値が入力されているセル範囲を指定

MODE.SNGL関数の使い方

まず、実際のサンプルで関数のイメージを掴んでいきます。

下記の表は、ロト6の各列からそれぞれの最頻値(最も多く出現した番号)を列ごとに求めたものです。

MODE.SNGL関数の使い方

I3セルに以下の関数を入力しています。

=MODE.SNGL(A3:E12)

関数式の説明

  1. 引数〔数値〕には、最頻値を求めるセル範囲を指定しますので「A3:E12」を指定

関数式が実行されると「I3」にロト6の本数字の中の最頻値が求まります。

以降、I4セルには最初の列の最頻値を求めたいので、引数〔数値〕には「A3:A12」を指定しています。後は、この繰り返して「ボーナス数字」までの最頻値を求めています。

まとめ

MODE.SNGL関数は、データ範囲の中から最頻値を1つだけ求める際に使いますが、複数の最頻値がある場合は、前述したようにMODE.MULT関数を使います。

書式や使い方はMODE.SNGL関数と同じで、書式は関数名が違うだけであとは同じです。

=MODE.MULT(数値1,数値2,…,数値254)

下記は、先ほどのサンプル画像を少しアレンジしたものですが、ロト6の全列(A~F列)の中から「MODE.MULT関数」で最頻値を求めています。

結果は、最頻値が複数あったので、以下の画像のような結果が返されました。

MODE.MULT関数の使い方

MODE.SNGL関数と同じ分類の関数

MODE.SNGL関数と同じ「合計/平均」を求める関数は以下のページで探せます。

Excel関数カテゴリの最新記事