CHOOSE(チューズ)関数の使い方:指定した番号の値を表示する関数:Excel関数

CHOOSE(チューズ)関数の使い方:指定した番号の値を表示する関数:Excel関数

CHOOSE関数は、引数に指定した複数のデータのN番目の値を表示する関数です。

CHOOSE関数は、あまり馴染みのない関数ですが、案外と利用価値の高い関数かもしれませんので、ここで使い方をしっかり覚えてください。

CHOOSE関数は指定した値を表示する

対応バージョン:Excel365 2019 2016 2013 2010

CHOOSE関数の書式です。

=CHOOSE(インデックス,値1,値2,…,数値254)
※カッコ内の「インデックス,値1,値2,…,数値254」を引数といいます。
※引数〔インデックス〕にはセル参照も指定可。
※引数〔値〕には、数値、文字列、数式、セル参照などが指定可。
※文字列を引数〔値〕に指定する場合はダブルクォーテーション「”」を前後に付ける。

引数の説明

  • インデックス: 何番目の値を取り出すか指定
  • 値1~値254: 取り出したい値を「,」で区切って指定

CHOOSE関数の使い方

まず、実際のサンプルで関数のイメージを掴んでいきます。

CHOOSE関数の使用例

引数〔値〕に数値を指定する

A1セルには以下の関数を入力しています。

=CHOOSE(1,100,200,300)

引数〔値〕に指定されている「100,200,300」のなかから、引数〔インデックス〕に指定した値「1」番目の値をA1セルに表示するという意味です。

結果は1番目の「100」が表示されます。〔インデックス〕を「2」にすれば引数〔値〕の2番目の「200」が表示されます。

引数〔値〕に文字列を指定する

A2セルには以下の関数を入力しています。

=CHOOSE(2,”りんご”,”みかん”,”バナナ”)

これも先ほどの「数値」の場合と同じです。

引数〔インデックス〕に「2」していますので、引数〔値〕の2番目の「みかん」が表示されます。

注意点は、文字列を指定する場合、指定する文字列の前後にダブルクォーテーション「”」を付けることです。ダブルクォーテーションをつけ忘れると機能しませんので注意しましょう。特に関数を手入力する場合は要注意。

引数〔値〕にセル参照を指定する

A3セルには以下の関数を入力しています。

=CHOOSE(3,E1,E2,E3)

引数〔値〕にはセル参照「E1,E2,E3」を指定しています。E1セルは「札幌」、E2セルは「東京」、E3セルには「長崎」が入力されています。

ここからは、先ほどの「数値」の場合と同じで、引数〔インデックス〕に指定した番号のセルを参照して内容を表示します。

結果は〔インデックス〕に「3」を指定していますので「長崎」が返されます。

引数〔値〕に数式を指定する

A4セルには以下の関数を入力しています。

=CHOOSE(1,2+3,4+5,6+7)

引数〔値〕に数式「2+3など」を指定しています。

数式を指定した場合、引数〔インデックス〕に指定した番号の数式を実行し結果が返されます。

例では〔インデックス〕に「1」を指定していますので、数式「2+3」が実行され「5」が返されます。

他の関数と組み合わせてCHOOSE関数を使う

CHOOSE関数は他の関数と組み合わせて使うことができます。

ここでは、SUM関数と組み合わせたサンプルをご紹介します。

引数〔インデックス〕を直接指定し合計を求める

A5セルには以下の関数を入力しています。

=SUM(CHOOSE(1,F1:F3,F4:F6,F7:F9))

引数〔値〕には、合計を求めたいセル範囲を指定。引数〔インデックス〕には、直接指定で「1」番目の合計を返すよう指定。

このCHOOSE関数を、SUM関数の引数に指定します。

SUM関数の使い方を再確認した場合は以下の記事を参照してください。

結果は、セル「F1からF3」までの値が合計され「60」と表示されます。F1は10、F2は20、F3は30なので、その合計の「60」が表示されます。

引数〔インデックス〕をセル参照にして合計を求める

A6セルには以下の関数を入力しています。

=SUM(CHOOSE(D1,F1:F3,F4:F6,F7:F9))

この例は、上記の「引数〔インデックス〕を直接指定し合計を求める」と同様のことをしていますが、引数〔インデックス〕の指定をセル参照にしただけです。

数式中の「D1」セルには「3」が入力されていますので、引数〔値〕の3番目に指定されたセル範囲を合計し表示します。

まとめ

CHOOSE関数は、今回のサンプルのように、引数〔値〕に指定するデータが少なければ有効に使えますが、データの数が多くなれば引数を指定するは大変です。

そういう場合は、データを別のセルや別のシートに入力しておき、それをVLOOKUP関数を用いて検索し取り出す方法があります。

CHOOSE関数は、ミニVLOOKUP関数のようなものなので、データ数が多い場合はVLOOKUP関数を使いましょう。

CHOOSE関数と同じ分類の関数

CHOOSE関数と同じ「検索/行列」系の関数は以下のページで探せます。

Scroll Up