QUOTIENT関数の使い方:割り算の商を整数で求める関数:Excel関数

QUOTIENT関数の使い方:割り算の商を整数で求める関数:Excel関数

QUOTIENT関数(クオーシャント関数)は、割り算の商を整数で求める関数で、余りは切り捨てされます。

QUOTIENT関数は割り算を行う関数ですが、求めた結果は通常の割り算式「数値/除数」の結果とは異なります。QUOTIENT関数は、割り算の商の整数部だけを求める関数なので、「=数値/除数」で計算した結果とは異なるのです。

QUOTIENT関数で割り算の商を求める

対応バージョン:Excel365 2019 2016 2013 2010

前提として、QUOTIENT関数は、Excelアドインを追加しなければ使えません。したがって、QUOTIENT関数を使う必要がある場合は、以下の手順でExcelアドインを追加してください。

Excelアドインの追加

Excelの「開発」タブから「Excelアドイン」をクリックし、表示されるダイアログから「分析ツール」にチェックを入れ、「OK」ボタンを押せば完了です。

これでQUOTIENT関数が使えるようになります。

QUOTIENT関数の書式です。

=QUOTIENT(分子,分母)
※カッコ内の「分子,分母」を引数といいます。
※引数に数値以外を指定すると、エラー(#VALUE!)が返されます。

QUOTIENT関数の引数〔分子〕には「割られる数値」を指定し、引数〔分母〕には「割る数値」を指定します。

QUOTIENT関数と通常の割り算の違い

まず、実際のサンプルでQUOTIENT関数のイメージを掴んでいきます。

このサンプルは、QUOTIENT関数で割り算した結果と、通常の割り算式で計算した結果を比較し、その違いを調べたものです。

QUOTIENT関数の使用例

セルC2にQUOTIENT関数が入力されています。

A2セル(分子)に入力してある数値をB2セル(分母)の数値で割り算し、商をC2セルに求めています。

一方、D2セルには「=A2/B2」と通常の割り算式を入力しています。

結果は、サンプルの通りで、その違いは一目瞭然です。

よって、小数点以下までの結果を求めたい場合は「通常の割り算式」を、小数点以下は切り捨てた商の部分だけ必要な場合は「QUOTIENT関数」を使った方が便利です。

なお、割り算の「余り」だけが必要な場合は「MOD関数」を使ってください。

MOD関数の使い方は以下の記事を参照してください。

QUOTIENT関数と同じ分類の関数

QUOTIENT関数と同じ「端数処理」系の関数は以下のページで探せます。

Scroll Up