PRODUCT関数は複数の数値の積を求める:Excel関数

PRODUCT関数は複数の数値の積を求める:Excel関数

PRODUCT関数は、引数に指定した複数の数値の積を求める関数です。

複数の数値の和を求めるSUM関数と使い方は同じです。

ただ、SUM関数ほど使う頻度は多くありません。

何故なら、「複数の数値の積を求める」といっても、多くの数値から積を計算する機会はそれほど多くないからです。「*」を使って掛け算すれば十分な場合が殆どでしょう。

複数の数値の積を求めるのがPRODUCT関数

対応バージョン:Excel365 2019 2016 2013 2010

PRODUCT関数の書式です。

=PRODUCT(数値1,数値2,数値3,…,数値255)
※カッコ内の「数値1,数値2,数値3,…,数値255」を引数といいます。
※引数は255個まで指定可能。

PRODUCT関数の使い方

PRODUCT関数の使い方

上記のサンプル画像を使って解説します。

上記サンプル中のG2セルに以下のPRODUCT関数が入力されています。

=PRODUCT(C2:D2,E2)
=PRODUCT(C2:E2)もしくは=PRODUCT(C2,D2,E2)でも同じ

G2セルに、セルC2からE2までの積を求めています。

積を求めるセルを指定する場合は、「:(コロン)」か「,(カンマ)」で区切って必要な分だけ指定するだけです。

引数の説明

  • 引数〔数値1~255〕:積を求める数値かセルを指定。255個まで指定可能。

積を求めるセルが連続している場合は「:(コロン)」を使って範囲を指定します。積を求めるセルが不連続の場合は「,(カンマ)」で区切って必要な数だけ指定します。また、これらの組み合わせもできます。

PRODUCT関数と掛け算「*」の違い

PRODUCT関数を使う場合と「*」を使う掛け算では、結果が異なることがあります。

掛け算ではエラーだがPRODUCT関数は?

通常の掛け算では、演算要素の中の「空白」は「0」で計算され、「文字列」は計算結果にエラー(#VALUE!)が表示されます。また、計算要素の中の理論値TRUEは「1」、FALSEは「0」として計算されます。

一方、PRODUCT関数の場合は、演算要素の中の「空白」や「文字列」は無視されます。「文字列」が含まれていても計算結果にエラーは表示されません。理論値も無視されます。

その例が、上記サンプル画像の「AとB」です。

上記サンプル画像の「A」は利益率が空白で「B」は文字列です。

PRODUCT関数は「空白」や「文字列」を無視して計算しますが、どちらも計算結果は利益率に100%を指定した場合と同じ値が返されます。

掛け算の場合、空白は「0」として扱われるので計算結果の利益率①は「0」です。文字列はエラーになるので、利益率①にエラー(#VALUE!)が表示されます。

このように、計算要素の中に数値以外の値がある場合、PRODUCT関数と掛け算「*」では異なる結果になりますので注意する必要があります。

PRODUCT関数と同じ分類の関数

PRODUCT関数と同じ系列の関数は以下のページで探せます。

Scroll Up