IFS関数の使い方:複数の条件を順に評価し結果に応じた処理をする:Excel関数

IFS関数の使い方:複数の条件を順に評価し結果に応じた処理をする:Excel関数

IFS関数は、複数の条件を順番に評価していき、その結果に応じた結果を返す関数です。

同様の処理はIF関数をネスト(入れ子)することでも実現できますが、IF関数をネストして使用する場合よりも、分かりやすくすることができます。

論理式に該当すれば対応する真の処理を実行する

対応バージョン:Excel365 2019 2016 2013 2010

IFS関数の書式は以下のようになります。

=IFS(論理式1,真の場合1,論理式2,真の場合2,…論理式127,真の場合127)
※括弧内に指定する「論理式1,真の場合1,論理式2,真の場合2,…」を”引数”といいます。
※引数は127個まで指定可能。
※論理式は、TRUE(真)かFALSE(偽)を返します。

引数の説明

  • 引数〔論理式1~127〕:条件式を指定(例えば、C6セルが20より小さい「C6<20」)。
  • 引数〔真の場合1~127〕:条件式を満たしたときに行う処理を指定。

〔論理式1〕を評価し真であれば〔真の場合1〕を実行し、偽であれば〔論理式2」の評価へと続き、論理式が記述されているだけ真偽を判定していきます。

論理式を評価した結果、条件が満たされれば(真の場合)以下に続く論理式の評価は行われませんので、論理式を記述する順番にも注意する必要があります。

どの条件にも該当しなかった場合は?どうする

サンプルでIFS関数の使い方と、どの条件も満たさなかった場合の処理の指定方法を説明します。

以下のサンプルは、商品ごとの在庫を確認するための資料です。

今回やりたいことは、在庫数量が最低在庫数量の20を下回った場合に「発注欄」に”要発注”と表示する。また、在庫数量は20以上であっても、販売数量が在庫数量を上回っている場合も”要発注”と表示します。

IFS関数の使い方

上記サンプルのG6セルには以下の関数式を入力しています。

=IFS(C6<20,"要発注",C6<=F6,"要発注",TRUE,"")

引数の解説

  • 〔論理式1〕:在庫数量が20未満かを判断するので「C6<20」と指定
  • 〔真の場合1〕:在庫数量が20未満なら”要発注”を表示する
  • 〔論理式2〕:販売数量以上の在庫数量があるか判断するので「C6<=F6」と指定
  • 〔真の場合1〕:販売数量以上の在庫数量がなければ”要発注”を表示する
  • 〔論理式3〕:TRUEと指定
  • 〔真の場合3〕:空白を表示

ここで注目するのは、最後の〔論理式3」と〔真の場合3」です。

IFS関数では、〔論理式〕を順に調べていき、条件を満たせば〔真の場合〕の処理を行いますが、どの〔論理式〕も満たさない場合もあります。

すべての〔論理式〕を満たさなかった場合の処理を指定する場合は、〔論理式〕にTRUEを指定し、〔真の場合〕に実行したい処理を記述します。

それが、上記サンプルの〔論理式3〕と〔真の場合3〕です。

IFS関数と同じ分類の関数

IFS関数と同じ系列の関数は以下のページで探せます。

Excel関数カテゴリの最新記事