DSUM関数は複数条件を満たすセルの合計求めるときに使う:Excel関数

DSUM関数は複数条件を満たすセルの合計求めるときに使う:Excel関数

Excel関数のDSUM関数は、複数条件のすべてと一致する値の合計を求める際に使うデータベース関数です。

DSUM関数は、引数〔データベース〕を引数〔条件〕に従って検索し、〔条件〕と一致した行の〔フィールド〕で指定した列の値を合計します。

DSUM関数で複数条件と一致するセルの合計を求める

対応バージョン:Excel365 2019 2016 2013 2010

DSUM関数の書式は以下のようになります。

=DSUM(データベース,フィールド,条件)
※括弧内に指定する「データベース,フィールド,条件」を”引数”といいます。
※DSUM関数を使う場合は、直接セルに関数をを入力するか、「関数の挿入」ボタンを使って入力するの2通りです。数式タブからの入力はできません。

引数の説明

  • 第一引数〔データベース〕:列見出しを含む検索範囲を指定。
  • 第二引数〔フィールド〕:合計を求める列の見出しセルを指定。
  • 第三引数〔条件〕:検索条件を入力したセル範囲を指定。

条件を満たすセルが見つからない場合は0が返されます。また、条件を満たすセルが見つかっても、セルの内容が空白の場合も0が返されます。

DSUM関数は「OR条件」でも検索できる

実際のサンプルでDSUM関数の使い方を説明します。

以下のサンプルは、日付ごと商品別に日々の売上を記録したものです。

DSUM関数の使い方

上記サンプルでは、「日付が5月1日かつ商品コード100(AND条件)」の合計を求めていますので、数量合計のD5セルには以下の関数が入力されています。

=DSUM(A7:F17,D7,A2:E3)

引数の解説

  • 〔データベース〕:列見出しも含めてデータ行のすべてを指定
  • 〔フィールド〕:合計の対象になる列の列見出しセルを指定
  • 〔条件〕:条件を入力した範囲を列見出しを含めて指定。サンプルの場合は、A2からE3セルまでに、列見出しと条件が入力されているので、その範囲を指定。

上記のサンプルでは、条件が1行(A3~E3)までのため、入力した検索条件のすべてが一致(AND条件)した値を合計します。しかし、条件行が2行以上ある場合は、そこに入力された条件のどれかが一致すれば合計の対象となります。

つまり、複数条件を1行で指定した場合は「AND条件」になり、すべての条件を満たす行が合計の対象となります。複数条件を2行以上に渡って指定した場合は「OR条件」になり、いずれかの条件を満たす行が合計の対象となります。

DSUM関数のOR条件

上記の例は、違う業で条件を指定していますので「日付が5月3日」または「商品コードが400以上(>=400)のもの」という条件となり、いずれかの条件を満たせば合計の対象になります。

合計を求める関数「関連記事」

Scroll Up