AVERAGEIF関数は条件を満たすデータの平均を求める:Excel関数

AVERAGEIF関数は条件を満たすデータの平均を求める:Excel関数

AVERAGEIF関数は、指定された条件と一致するデータの平均を求める関数です。

AVERAGIF関数は、以前に取り上げた条件に一致するデータの合計を求める「SUMIF関数」と、基本的に使い方は同じです。

条件と一致するデータ平均はAVERAGEIF関数を使う

対応バージョン:Excel365 2019 2016 2013 2010

AVERAGEIF関数の書式は以下のようになります。

=AVERAGEIF(範囲,検索条件,平均対象範囲)
※括弧内に指定する「範囲,検索条件,平均対象範囲」を”引数”といいます。

※平均対象範囲の「空白セル」や「文字列が入力されたセル」は無視されます。

引数の説明

  • 第一引数〔範囲〕:検索条件で検索するセル範囲
  • 第二引数〔検索条件〕:〔範囲〕から検索するための条件を指定。検索条件が入力されたセルの他、数値、文字列が指定可能。ワイルドカード(あいまい検索)を指定することもできます。
  • 第三引数〔平均対象範囲〕:平均を求めるセルの範囲を指定。

AVERAGEIF関数で条件に合うデータの平均を算出

実際のサンプルでAVERAGEIF関数の使い方を説明します。

AVEREGEIF関数の使い方

上の画像のC12セルからD13セルに、男女別に国語と英語の平均点を求めます。

D12セルで説明しますが、このセルには「=AVERAGEIF(B3:B9,”男”,D3:D9)」とAVERAGEIF関数を入力しています。

第一引数の〔範囲〕は、〔検索条件〕で検索する検索範囲を指定しますので、サンプルではB3:B9の性別を指定します。

次に、第二引数の〔検索条件〕には、第一引数の〔範囲〕を検索する値を指定するので、このセルには〔”男”〕を入力します。文字列で検索する場合は、検索値の前後に””(ダブルクォーテーション)が必須です。

最後に、第三引数の〔平均対象範囲〕には、男子の英語の平均点を算出したいので、D3:D9の生徒別の英語の得点範囲を指定します。

AVERAGEIF関数の書き方

AVERAGEIF関数も他の関数同様、平均を計算したいセルに数式を入力して行きます。

AVERAGEif関数の入力方法

平均を算出するセルを選択し関数式を入力していきます。

=avまで入力すると、関数の候補が表示されるので「AVERAGEIF」を選択しTABキーを押す(ダブルクリックでも同じです)。次に、引数〔範囲〕の選択はセル範囲をドラッグしながら選択します。

引数〔検索条件〕は、ダブルクォーテーション(””)を検索文字列の前後に付けて入力。引数〔検索対象範囲」は、平均を求めるセル範囲をドラッグし選択。最後にENTERキーを押せば完了です。

計算結果が該当のセルに表示されれば成功です。

なお、サンプルの平均値は、小数点1位までとしますので四捨五入して表示しています。

AVERAGEIF関数と同じ分類の関数

AVERAGEIF関数と同じ「合計/平均」を求める関数は以下のページで探せます。

Excel関数カテゴリの最新記事