AVERAGEA関数は指定した範囲でデータの平均を求める:Excel関数

AVERAGEA関数は指定した範囲でデータの平均を求める:Excel関数

AVERAGEA関数は、AVERAGE関数との違いが分かりにくい関数です。

AVERAGE関数は、引数に与えられた範囲の数値平均を求めるのに対し、AVERAGEA関数は引数に与えられた範囲のデータ平均を求める関数です。

少し分かりにくいので、具体的な例をあげて説明します。

データ平均を求める関数はAVERAGEA関数

対応バージョン:Excel365 2019 2016 2013 2010

AVERAGEA関数の書式は以下のようになります。

=AVERAGEA(セル範囲)
※括弧内に指定する「セル範囲」を”引数”といいます。
※引数は255個まで指定可能。

※数値の他、文字列や論理値(TRUEやFALSE)なども計算の対象になります。
※文字列は0、TRUEは1、FALSEは0と見なされます。
※空白セルは対象外となり計算対象から除外されます。

AVERAGE関数は以下の記事を参照してください。

AVERAGE関数とAVERAGEA関数の計算結果の違い

同じデータで平均を求めても、AVERAGE関数とAVERAGEA関数では大きな違いが生まれます。

AVEREGE関数とAVERAGEA関数の計算結果

上の画像のB10セルでは国語の平均点を求めていますが、欠席した生徒も含めて平均点を計算しています。これに対して、B9セルではAVERAGE関数で平均を求めていますので、欠席した生徒の分は計算に含まれていません。

同じデータ(範囲)で計算しても、大きな違いがでています。

AVERAGEA関数では、文字列(この場合は「欠席」)まで含めて計算しますので、AVERAGE関数の計算結果との違いが出てきます。

まとめると、文字列や論理値(TRUEやFALSE)も含めて平均を算出するときはAVERAGEA関数を使う。文字列や論理値(TRUEやFALSE)を除外して平均を求める場合はAVERAGE関数を使う、ということになります。

AVERAGEA関数の書き方

AVERAGEA関数も他の関数同様、平均を計算したいセルに数式を入力して行きます。

書式も単純ですから、平均を求める範囲を間違わなければ計算結果に不具合が生じることはありません。

AVERAGEA関数の入力方法

平均を算出するセルを選択し関数式を入力していきます。

=avまで入力すると、関数の候補が表示されるので「AVERAGEA」を選択しTABキーを押す。次に、平均を求めたいセル範囲をドラッグしながら選択し、最後にENTERキーを押せば完了です。

以下の関数式がセルに入力され、平均が算出されます。

=AVERAGEA(C3:C8)

平均を求める関数「関連記事」

Scroll Up