ExcelのROUNDDOWN関数は計算結果を切り捨てする際に使う

ExcelのROUNDDOWN関数は計算結果を切り捨てする際に使う

ROUNDDOWN関数は、計算結果を切り捨てする際に使います。

使い方は、基本的にROUND関数と同じです。

小数点が付くことがありえない数値を正常値に変換する関数の一つがExcelのROUNDDOWN関数です。ROUNDDOWN関数は、指定した桁で切り捨てしてくれる関数です。

ROUNDDOWN関数のような端数処理系の関数には以下の種類があります。

小数点以下を切り捨てるならINT関数も使えます。

計算結果を切り捨てするならROUNDDOWN関数を使う

ROUNDDOWN関数の書式は以下のようになります。

=ROUNDDOWN(数値,桁数)
※括弧内に指定する「数値,桁数」などを”引数”といいます。
※数値にはセルの番号を指定するのが一般的。
※数値には数式や関数を指定することもできます。

数値には切り捨てしたい値(セルを指定するのが一般的)を指定する。

桁数には、切り捨て後どの桁まで求めるかを指定する。

桁数は、1の桁が0で、10の桁が-1、100の桁が-2、1000の桁が-3となり、切り捨てする位置が左へ移動するごとにマイナスの数字が増えて行きます。

小数点以下の数字を切り捨てする場合は、1が少数1位、2が少数2位、3が少数3位となり、切り捨てする位置が右へ移動するごとにプラスの数字が増えて行きます。

まとめると以下の図のようになります。

引数の数値と桁数の関係

数値1234.567の1の位で切り捨てする場合、桁に”0″と指定することで整数値1234が求まります。

指定した桁で切り捨てした結果

指定した桁で切り捨て

上図の最初の行のように”=ROUNDDOWN(A2,0)”と入力することで、数値欄の数字が小数点の左側(1の位)で切り捨てされます。

ROUNDDOWNの第一引数(数値)には関数や数式も指定できる

ROUNDDOWN関数の第一引数(数値)には関数や数式も指定できます。

下図では生徒ごとの得点から平均得点を求めています。

平均を求めてから計算結果を整数にするので、ROUNDDOWN関数の第二引数(桁)に0を指定し切り捨て。ROUNDDOWN関数の第一引数には、平均を求める”AVERAGE関数”を指定。

ROUNDDOWNの第一引数(数値)には関数も指定できる

ROUNDDOWN関数と同じ分類の関数

ROUNDDOWN関数と同じ「端数処理」系の関数は以下のページで探せます。

Excel関数カテゴリの最新記事